「峠ではGT-Rをも超える戦闘力!?」K24改2.5Lハイコンプ仕様のEP3シビックタイプRがやばすぎる!

「峠ではGT-Rをも超える戦闘力!?」K24改2.5Lハイコンプ仕様のEP3シビックタイプRがやばすぎる!

格上マシンと戦えるK24改2.5L換装の世界標準バトルストリート仕様

500ccアップの余裕で快適&快速を極めたEP3シビックタイプR!

日本でシビックといえば、ライトチューンでサーキットや峠を走るイメージ。最初に“日本で”と書いたのは、海外のチューニングファンにとっては、イジり倒すほどのチューニングを施せるベース車で、おそらく日本国内よりも海外の方がパーツの流通が多いのではないかと思うほど。

ここで紹介するEP3シビックタイプRは、そんな海外製の排気量アップパーツを使ってエンジンチューンを施した1台。エンジンを製作したクォーターマイルが販売代理店となっているBC(ブライアン・クロワー)のストローカーキットを使って、K型エンジンの排気量を2.5Lまで拡大して搭載している。

その手法は、腰下にアコード用のK24(87φ×99mm:2354cc)ブロックを使い、クランク・コンロッド・ピストンで構成されるストローカーキットを組み込むという内容。ちなみに、ピストン径を90φまで広げれば2600ccを超える排気量を手にすることも可能だが、これを実現するにはスリーブの交換など費用が大きくなる。そのため、ピストン径はノーマルシリンダーの拡大でギリギリいける89φに抑えているのがポイント。

さらに、戸田レーシングのハイカムを入れ、圧縮比は12:1までアップし、レスポンスよく高回転まで伸びるエンジンに仕上がっている。出力はダイナパック計測で約265ps、トルクも28kgm以上というからも、シビックの性格が激変していることは容易に想像できる。

なお、フロントパイプとマフラーはクォーターマイルが製作したチタン製のワンオフ。70φ→50φ×2→70φと、複雑なレイアウトを取ることで最低地上高を確保している。0.8mmの薄材を使っているためNAエンジンらしい共鳴音も軽快に響き渡る。

サスペンションはテインの単筒式、モノフレックス。インチアップしたハイグリップタイヤで、峠〜サーキットまで対応できるグレードだ。ステアリングの剛性感をアップするためタイロッドも強化している。

一方のタイヤは、純正サイズのラジヤルではキャパシティが足りないため、常時245幅のSタイヤを履く。頻繁に峠にも通うためかなりの頻度でタイヤ交換サイクルがやってくるのが悩みのタネとか。

ボディ補強も行われ、ボルトオンの補強バーを組み合わせてフロントセクションを強化。アンダーフロアに装備されているのはウルトラレーシング製のメンバーサポートパーツだ。

そして、エクステリアは無限パーツを軸に構築。レーシーなスタイルがタイプRらしさに磨きをかける。ちなみにオーナーは元々ブーストアップ仕様のGT-Rに乗っていたそうだが「ステージによってはGT-Rよりも速いかも!」と大満足しているそうだ。

製作したクォーターマイルの西宮代表も「いや、想像よりはるかに速くて楽しいの一言ですよ。トルクがあって高回転まで伸びて、アクセル全開の時はもうVTEC最高!って感じです」とのこと。

製作コストはそれなりにかかるだろうが、シビックのイメージを激変させるというK24改2.5L仕様の持つ戦闘力は魅力的すぎる!

スペック

■エンジン:K24改2.5L換装/BCストローカーキット/戸田レーシングハイカム(Cタイプ)、強化バルブスプリング、ヘッドガスケット/J’Sレーシング ビッグスロットル/スプーン エキゾーストマニホールド/HKS F-CON Vプロ/トラストVマネージ/クォーターマイル ワンオフチタンエキゾースト ■駆動系:ATSカーボンシングルクラッチ、LSD(1.5WAY) ■サスペンション:TEIN モノフレックス車高調/トップフューエル タイロッド/J’Sレーシング ロールセンターアジャスター ■エクステリア:無限フロントバンパー、リヤウイング/X-TREME FRPフェンダー ■ホイール:ボルクレーシングCE28(F17×9J R17×8.5J) ■タイヤ:アドバンA050(F245/40-17 R225/40-17)他

●取材協力:クォーターマイル 香川県丸亀市川西町南甲84-6 TEL:0877-57-2171