ポルシェ カイエンSクーペが登場! 440psのツインターボを搭載

ポルシェ カイエンSクーペが登場! 440psのツインターボを搭載

Porsche Cayenne S Coupe

ポルシェ カイエン S クーペ

最高出力440ps、最高速度263km/hを実現

ポルシェはスタイリッシュなカイエンクーペのモデルレンジに、最高出力324kW(440ps)を発揮する2.9リッターV6ツインターボを搭載する「カイエンSクーペ」を追加した。

550Nmの強大なトルクは力強い加速を実現。停止状態から100km/hまでは標準のスポーツクロノパッケージ装備車両がわずか5秒。オプションのライトウェイトスポーツパッケージを装着した車両では4.9秒という加速力を誇る。また、最高速度は263km/hとなっている。

このほか、パワーステアリングプラス/20インチアルミホイール/パークアシスト/サラウンドビューカメラ/ポルシェアクティブサスペンションマネジメントシステム(PASM)が標準で装備されている。

カイエンクーペのラインナップが完成

250kW(340ps)の「カイエン クーペ」、404kW(550ps)の「カイエン ターボ クーペ」に「カイエンSクーペ」を追加したことで、強力なSUVクーペのラインナップが完成した。

カイエン クーペのラインナップは、よりシャープになったプロポーション、アダプティブリヤスポイラー、2種類のルーフコンセプト、独立リヤシートなどを特徴とする。

低く構えたシャープなボディスタイル

浅く傾斜したフロントウインドウとAピラーにより、ルーフエッジはカイエンよりも約20mm低くなった。また、すべてのカイエンクーペモデルに採用された固定式のリヤスポイラーは、アクティブエアロダイナミクス(PAA)の一部であるアダプティブリヤスポイラーとともに搭載。 PAAのスポイラーは90km/hを超えると135mmまで展開し、リヤアクスルへの接地圧を高め、車両の俊敏性を向上させる。

通常ボディのカイエンと比較すると、後部座席高は約30mm低くなった。固定式パノラマガラスルーフが標準装備となっており、オプションのカーボンルーフをチョイスすると「カイエンSクーペ」にスポーツカーらしい印象を与えることができる。

センターターボレイアウトのV6エンジン

「カイエンSクーペ」に搭載される2.9リッターV型6気筒ツインターボエンジンは、最大トルク550Nmを1800回転から5500回転の幅広いエンジン回転数で発生。

2基のターボチャージャーを、V型シリンダーの中央に配置したことで、エンジンはよりコンパクトなサイズに収まった。車両重心も低くなったことで、横方向のダイナミクスも向上。また、燃焼室とターボチャージャーを繋ぐ排気経路が短くなったことで、自然なエンジンレスポンスと素早い加速も可能になったという。