「初代アテンザスポーツ23S(GG3S)の独創的ターボチューン!」純正比100馬力アップで真のスポーツモデルに昇華!

「初代アテンザスポーツ23S(GG3S)の独創的ターボチューン!」純正比100馬力アップで真のスポーツモデルに昇華!

GT-SSタービン装着で100psアップ! 非定番のワンオフターボチューン

F-CON Vプロ制御でハイレスポンス化も達成!

国内はもとよりヨーロッパ圏でも人気を誇るマツダ・アテンザ。RJCカー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた初代モデルは、マニュアルミッションモデルの存在や30万円以下から探せる手頃な中古価格相場もあり、カスタムベースとしても密かに人気となっている。

しかし、いざ攻めた走りをしようと思うと、スポーツグレードに搭載される2.3LのNAエンジンでもカタログ値178psとちょっと役不足。限定モデル『マツダスピードアテンザ』に搭載される272ps仕様のターボエンジンL3-VDTや、海外モデルのV6(3.0L)エンジンなどと比較すると、その非力さは否めないのだ。

さらに、そんなパワーアップ派ユーザーに人気だったトラストのボルトオンターボキットもすでに廃盤というから悲しい限り。そこで「ターボ仕様に憧れていた」というこの前期23Sモデルのオーナーが選んだのが、ワンオフによるターボ化という選択肢だった。

地元でチューニング技術に定評のあるステイ自動車整備センターで、代表の工藤さんと「どうせなら誰もやっていない仕様に仕上げよう!」と話し合った結果、HKSのGT-SSタービンを装着し、F-CON Vプロで制御する仕様に決定。

ちなみに、F-CON Vプロ(3.3)にはアテンザの車種設定がない。そのため、ハーネス新規製作はもちろんのことHKSカスタマーセンターのサポートによってコンピュータ内部のパルス設定変更なども実施されている。

タービン装着にあたっては純正エキマニを加工して対応。その他、HPI製のER34用コアを流用した前置きインタークーラーや各種パイピングなど、ワンオフ加工のオンパレードだ。

マフラーは左右2本出しレイアウトの柿本レーシングRegu06&R。部分的に黒で塗りわけたオートエクゼ製フロントバンパーや19インチホイールなど、ドレスアップにも余念が無い。

そうして完成したボルトオンターボ仕様は、圧縮比9.7:1という高圧縮エンジンということもあり、最大ブースト圧は0.6キロと控えめながらもノーマルカタログ値を約100ps上まわる270ps、34.2kgmを実測で発揮。アクセルを踏み込めば、レスポンスよくターボトルクが湧き上がる仕様に仕上がった。

オリジナリティ溢れるアテンザスポーツ改ターボ仕様、まさに不可能を可能にするチューニングの醍醐味が凝縮された1台だ。

スペック

エンジン:L3-VE改ターボ仕様/HKS GT-SSタービン、F-CON Vプロ、EVC6/HPIエアクリーナー、インタークーラー/HORIEビッグスロットル/柿本レーシングRegu06&R/ワンオフ純正改エキマニ/550㏄インジェクター ■サスペンション:HKS ハイパーマックスLS+ ■ホイール:ボルクレーシング トリニティV ■エクステリア:オートエクゼGG-02、サイドエクステンション/stage21 FRPエアロボンネット 他

●取材協力:ステイ自動車整備センター 岩手県八幡平市大更2-266-3 TEL:0195-76-4044