「ゼロヨン魂ほとばしる白銀のFC3S!」心臓部は13B-REWブリッジポート仕様でオーバー500馬力!

「ゼロヨン魂ほとばしる白銀のFC3S!」心臓部は13B-REWブリッジポート仕様でオーバー500馬力!

ブリッジポート+T88タービンのドラッグスペシャル

オーナーとチューナーの二人三脚で育成したFC3S

ドラッグ専用コース(2014年に営業終了)を有する仙台ハイランド近郊のチューニングショップは、昔からドラッグレースで活躍してきたショップが少なくない。トイベースの高橋代表も、プライベーター時代から長年ドラッグレースを楽しんできた一人だ。

その頃からの友人がオーナーというこのFC3Sは、ドラッグ全盛期だった当時から少しずつ進化を続けてきた、トイベースの歴史の一部ともいえるクルマだ。

エンジンは13B-REWベースのブリッジポート仕様で、T88改タービンを組み合わせて最大ブースト圧1.2キロで約500psを発揮する。ブースト圧は控えめだが、これは数年ぶりに復帰したオーナーが慣れるまでの暫定的仕様とのこと。本来は600psオーバーの戦闘力だ。

コクピットはスパルタンの一言。中央のオートメーター製5インチタコメーターをはじめ、各種メーターやスタータースイッチ、燃料ポンプや電動ファンのON/OFF、EVCなどを配置。ステアリングに取り付けられたスイッチはラインロック用だ。

徹底的に取り外されたドンガラ状態の車内で、妙に目立つ赤い箱。メイドインUSAの点火系チューンの定番アイテム『MSD』を3基(リーディング用に1個、トレーリング用に2個)使っている。ちなみにアルミの箱はバッテリーケースだ。

ラゲッジスペースには樹脂製安全タンクが設置され、周辺は給油口付きの隔壁を作り安全製も配慮。レースイベントのレギュレーションにも対応できる作りとしている。メインパイプからチタンで製作されたマフラーは、トイベースのワンオフ品だ。

なお、軽量化に効果的なドアのアクリルウインドウや、各種メーターを埋め込んだアルミのインパネなどは、オーナーが自作しているという。その完成度は高く、パッと見ではプロの仕事と見間違うほどの仕上がりだ。

「常連のお客さんは自分で作業できる人が多いので、忙しい時は自分で作業してもらってます」と高橋代表。つまりこのFC3Sは、ショップとオーナーがタッグを組んで、二人三脚で作り上げてきた1台というわけだ。

スペック

エンジン:13B-REW改ブリッジポート仕様/トラストT88改タービン/アペックス パワーFC/HKS GTインタークーラー/サード1000ccインジェクター×4/MSD(6A)×3/ボッシュ282L/h燃料ポンプ×2 ■駆動系:OS技研 3速クロスミッション ■サスペンション:HKS ハイパーマックスドラッグ ■ホイール&タイヤ:ワークエモーション11R&フージャーDOドラッグラジアル(R275/40-17)他

●取材協力:トイベース 岩手県北上市稲瀬町前田142-5 TEL:0197-64-6272