F1第5戦スペインGP 決勝トップ10ドライバーコメント(2)

 2019年F1第5戦スペインGP決勝で5位~優勝のドライバーたちが日曜日を振り返った。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 決勝=5位

2019年F1第5戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2019年F1第5戦スペインGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 難しいレースだった。ファーストスティントはとてもうまくいっていたけれど、その後、苦労するようになった。ハードコンパウンドで最後まで走り切りたいと思っていたが、セーフティカーが出動したため、リスタートで厳しくなると分かった。そのため、ミディアムタイヤに交換した。
 セカンドスティントとサードスティントではバランスがよくなくて、自信を持って走ることができなかった。

 僕らにはやるべきことがたくさんある。トップとの差を縮めるために、全力を尽くしていくつもりだ。今週末、たっぷりデータを集めたし、この後のテストでもデータ収集に努める。

(Formula1.comのインタビューで語り)ハードタイヤに換えたのが悪い判断だったとは思わない。あれで最後まで走り切りたいと思ったんだ。でも残念ながらハードをうまく機能させることができなかった。リヤにとても苦しめられて、時間を失った。それはミディアムでも同じだったけどね。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
セバスチャン・ベッテル 決勝=4番手

2019年F1第5戦スペインGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2019年F1第5戦スペインGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

 今日は可能なほぼ最大の結果を出したと思う。自分たちにはもっと速さがあると思っていたので、期待外れのレースだった。

 スタート後、前の2台に仕掛けようとしたが、タイヤにフラットスポットを作ってしまい、そのせいで自分のレースが苦しくなった。レースが1コーナーで決まるわけでないことは十分承知している。でも、少なくとも僕らはメルセデス勢に挑み、ライバルたちと戦うことができると思っていた。

 シャルルと僕は互いのレースを邪魔しないように、できる限り協力し合って走ろうとした。

 まだシーズンは序盤だから、目の前の一戦に集中して戦っていく。チームの全員が懸命に努力をしているから、今の位置から挽回できると考えている。

(Formula1.comのインタビューにこたえ)1コーナーの後でフラットスポットを作ってしまった。メルセデスに対して何かをするなら、あそこが唯一のチャンスだと分かっていたんだが、結局、あそこで僕らは表彰台を失った。

 セーフティカーが出動したことでチャンスが訪れたけれど、マックスとはペースが同じだったから、オーバーテイクするのは難しかった。不可能といってもいいかもしれない。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=3位

2019年F1第5戦スペインGP ベッテルを抑えきって3位をつかんだフェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第5戦スペインGP ベッテルを抑えきって3位をつかんだフェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 自分が手にしているものをすべて最大限に活用することを常に目指している。その結果、今日こういうリザルトを達成できてうれしい。また3位を獲得することができた。今日の結果は僕らの今のペースをはっきり示しているし、また大量にポイントを獲得できたこともよかった。

 決勝でフェラーリと戦うチャンスがあることは分かっていた。実際そうなったね。スタート直後の1コーナーに向けて、上位3台が激しいポジション争いをしていたから、僕はそこからは一歩引いて様子を見ることにした。その結果、ターン2出口からターン3入口にかけていいラインを取ることができて、3番手を確保した。ここで3番手に浮上したことはとても重要だった。その後、自分のペースで走り、戦略を成功させることができたんだ。

 メルセデスのマシンには追いつけなかったけれど、僕らはとても安定した走りをすることができた。表彰台に上れたことはもちろんうれしい。

 チームの全員が、トップとの差を縮めたいという強い気持ちを持っている。この後のテストでいくつかのことを試す予定だ。それによってどの方向に向けて作業を進めるべきなのかがはっきりするだろう。

(自身の公式サイトのインタビューで語り)メルセデス勢は速かったけれど、僕は自分のレースができたし、競争力も発揮できた。速さもあったと思う。

(セーフティカー出動後のリスタートについて)後ろのフェラーリ(ベッテル)からポジションを守るのは簡単ではないと分かっていた。ストレートでエンジンのパワーをめいっぱい使わなければならなかったけれど、うまく防御できた。

 メルセデスは素晴らしい仕事をしている。僕らももっと努力して、マシンを改善していく必要がある。

(Formula1.comのインタビューで語り)アップデートはうまくいったが、メルセデスほどではなかった。だからもっと頑張って、マシンにいいものを取り入れなければならない。ただ、フェラーリとのギャップを縮めたことはうれしいね。

 今の僕らにとっては3位がベストの結果だ。それを達成できてよかった。この調子で努力していくよ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=2位

2019年F1第5戦スペインGP 決勝スタート直後に並んだハミルトン、ボッタス、ベッテル
2019年F1第5戦スペインGP 決勝スタート直後に並んだハミルトン、ボッタス、ベッテル

 スタートでクラッチに問題が出た。バイブレーションが起き、つながったり切れたりが繰り返されて、蹴り出しが全くうまくいかなかった。週末を通して努力してきたのに、スタートで勝利を失うことになって残念だ。でも時にはこういうこともある。

 問題の原因を調査して、今後再発しないように対策をとるよ。僕らのチームは優秀だからそれができるはずだ。

 僕個人にとってはあまりいい一日ではなかったが、チームにとっては素晴らしい週末だった。優勝したルイスにおめでとうと言いたい。今日の彼のレースペースはとても速かった。

 チームは信じられないようなレベルの仕事をしてくれている。ブラックレーとブリックスワースのファクトリーで働くスタッフ、サーキットに来ているスタッフ全員に感謝したい。

 次のモナコが楽しみだ。独特なサーキットだから、他とは違うチャレンジに直面することになるだろう。どのチームが最強なのか、予想できないよ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 決勝=1位

2019年F1第5戦スペインGP ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが1-2。今季退任するダイムラーのディーター・ツェッチェCEOも表彰台へ
2019年F1第5戦スペインGP ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスが1-2。今季退任するダイムラーのディーター・ツェッチェCEOも表彰台へ

 チームにとって最高の一日だ。ここにアップグレードを入れるため、全員が懸命に作業に取り組んだ。ファクトリーの皆のハードワークに努力する。彼らを誇りに思うよ。サーキットの現場に来ているスタッフの仕事もハイレベルだ。みんな、ありがとう。

 スタートでライトが消えた瞬間、グリッドからの蹴り出しがものすごくうまくいった。上位勢がかなり接近した状態でターン1に入っていき、一時はフェラーリ(セバスチャン・ベッテル)が僕らの横に並びかけた。すごいバトルだったし、あの瞬間がレースを決定づけたと思う。その後は1周1周をうまく走ることにひたすら集中した。

 5戦連続で1-2を達成することができた。僕らは歴史を作りつつある。昨日は悪夢のようだったけど、今日のレースペースはとてもよかった。

 この勝利をハリー(注:2018年8月にがんと診断された5歳のハリー・ショーくん)に捧げたい。彼は今朝、僕にメッセージをくれた。それによって刺激を受けた。辛い日々を送っている時にメッセージをくれたことに心から感謝している。ハリー、僕から君に愛を贈るよ。