トロロッソ代表、ピットストップでの手痛いミスを説明「無線の問題で正しいタイヤが用意されていなかった」:F1スペインGP日曜

 2019年F1スペインGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは9位、アレクサンダー・アルボンは11位だった。

2019年F1第5戦スペインGP ダニール・クビアトとアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)
2019年F1第5戦スペインGP ダニール・クビアトとアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
チーム代表フランツ・トスト
 グリッドポジションがいい位置だったので期待していた。ダニーは9番グリッドからユーズドのオプションタイヤ(ソフト)、アレックスは11番グリッドから新品のオプションでそれぞれスタートした。ふたりともいいスタートを切り、アレックスはひとつポジションを上げ、ダニーは9番手を守った。

 マシンは強力なパフォーマンスを発揮したし、ドライバーたちも非常にいい仕事をしていた。しかしセーフティカーが出動した時に我々はすべてを失った。無線においてピットウォールとメカニックたちの意志の疎通ができていなかったためだ。ダニーがまずピットインしたが、メカニックはアレックスが入って来るものだと思っていた。そのため、正しいタイヤを装着するのに手間取り、時間を大幅に失った。それによってコース上のポジションをいくつか落とす結果になった。

 最終的に1台しか入賞させることができず、非常に残念だ。今日はもっといい結果を出せるだけのポテンシャルがあった。