「180SXでフェラーリ360モデナを目指す!」高周波サウンドを追求して6気筒NAの1JZ-GEを換装!?

「180SXでフェラーリ360モデナを目指す!」高周波サウンドを追求して6気筒NAの1JZ-GEを換装!?

フェラーリサウンドを求めてNAの1JZを換装!

Vi-PECによる完全フルコン制御を確立

本来、もともと搭載されているエンジンよりもポテンシャルの高いエンジンを換装するのが、スワップチューンのセオリーだ。しかし、この180SXはSR20DETにT518Zタービンを装着した400ps仕様から、NAでわずか200psそこそこの1JZ-GEエンジンに換装するというデチューンを敢行!

その理由は「エキゾーストサウンド」だ。

オーナーは180SXでフェラーリ360モデナにどこまで近づけるかに挑戦。栃木県のチューニングショップ・フレンズがそんなオーナーの強い想いを具現化するべくエクステリアを中心にモディファイを重ねてきた。

エクステリアが完成に近づいてきたところで、次なる一手として、いわゆるフェラーリサウンドと呼ばれる超高周波の再現に乗り出した。とはいえ、4気筒のSR20DETではどうやっても甲高い音質にはならない。そこで、最も高周波サウンドを作りやすい1JZ-GEに白羽の矢がたったというわけだ。

換装にあたっては、そのままだと吸気系のパイピングが邪魔でボンネットが閉まらなくなってしまうため、サージタンクをワンオフで製作して吸気レイアウトを変更。

エンジンマウントやミッションマウントは全てフレンズが新規製作。マネージメントはハーネスを引き直した上でVi-PECによるフルコン制御としている。スロットルは180SX用をそのまま流用、コイルやイグナイターなどの点火系は1JZ用だ。

また、4気筒のSR20が収まるエンジンルームに6気筒エンジンを搭載すると、当然スペースがキツい。カップリングファンが使えないため電動ファン化した上で、設定温度による自動オン/オフも行なっている。

そしてサウンドチューニング。音質のキモはエキマニということから、通常よりも肉厚の薄い38φパイピングを使った手曲げの6-2-1ワンオフエキマニを製作。そのまま80φのストレートマフラーへと繋げることで、狙い通りの高周波サウンドを手に入れた。

ちなみに出力面も純正エキマニ時よりも最大値で25ps、2000rpm以上でほぼ全域に渡ってパワーアップしている。

完成したマシンの奏でるエキゾーストノートにはオーナーも大満足で「トンネルでは窓を開けて音を聞いちゃいますね。あ、SR時代より燃費も良くなってます!」というほど。

“パワーアップ”ではなく“音質追求”のためのエンジンスワップ。これもひとつのチューニングなのである。

スペック

■エンジン:1JZ-GE換装/ヴィーペックV88/ワンオフ38φタコアシ/ブリッツ マフラー/ニスモ大容量燃料ポンプ/コーヨー ラジエター/HPIオイルクーラー ■駆動系:JZX100純正5速MT換装/OS技研クラッチ

■サスペンション:クスコZERO-2E車高調 ■ホイール:ワークIXA03C(18インチ) ■エクステリア:MASAモータースポーツ フロントバンパー改/フレンズ ワンオフサイドステップ/オリジン レーシングライン改リヤバンパー/BNスポーツ ブリスターフェンダー 他

■取材協力:フレンズ 栃木県下都賀郡野木町友沼6602-4 TEL:0280-54-1650