WRCアルゼンチン:トヨタ、トラブルで首位後退。「今日はクルマにとって過酷」とマキネン

 4月26日に行われた2019年のWRC世界ラリー選手権第5戦アルゼンチンの競技2日目。3台のトヨタ・ヤリスWRCで挑んでいるTOYOTA GAZOO Racing WRTは、一時トップ3を独占する場面もあったが、荒れたコンディションに苦しめられ、オット・タナクが総合3番手、クリス・ミークが総合4番手、ヤリ-マティ・ラトバラが総合8番手で走りきった。

 ラリー・アルゼンティーナの競技2日目はサービスパークが設けられるビジャ・カルロス・パス南側にあるカラムチタ渓谷を中心に構成された1日。

 当初の予定ではSS2〜8までが行われる予定だったが、降り続いた雨の影響で路面状況が悪く、SS3に向かう道路の安全性を確保できない事態に。その結果、SS3はキャンセルとなり、計6SSで争われることになった。

 前日に行われたSS1をトップで駆け抜けたタナクはSS2でもポジションを維持。続くSS4ではミークに0.7秒差でポジションを明け渡したものの、SS7でふたたびトップを奪い返す。

 しかし、迎えた最終SS8走行中にドライブシャフトトラブルからフィニッシュ直前にスピン。20秒以上のタイムを失ってしまい、総合3番手で走行を終えた。ただ、トップとは13.4秒差、総合2番手とは1.5秒差の接戦になっている。

 一時、総合首位に浮上したミークは、SS7で思うようにタイムを伸ばせずに後退。最終的にタナクと4.7秒差の総合4番手で競技2日目を終えた。

 総合7番手で競技2日目に臨んだラトバラは、SS4を終えた時点で総合3番手に浮上し、トヨタのトップ3独占に貢献したが、SS6ではタイヤがホイールリムから外れ空気が抜けてしまうハプニングがあったほか、SS8ではスピンもあり、大きく後退。総合8番手で競技3日目に臨む。

「今日のステージはクルマにとって非常に過酷だった」と語るのは、チームの指揮を執るトミ・マキネン。

「午前中のステージはとてもポジティブだったが、午後の再走ステージはとても困難なものとなった。オット(タナク)は素晴らしい速さを披露したが、ステージのどこかで衝撃を受けたのか、ドライブシャフトにダメージを負ってしまったんだ」

「また、クリス(ミーク)とヤリ-マティ(ラトバラ)も、良い走りを見せてくれた後で問題に遭遇してしまった」

「明日は、今日よりはやさしいのではないかと予想している。上位につける選手とのタイム差は依然小さいし、我々には十分なスピードがあると思う」

オット・タナクがドライブするトヨタ・ヤリスWRC
オット・タナクがドライブするトヨタ・ヤリスWRC

 SS8でのトラブルで首位から後退してしまったタナクだが、「サービスまで走って帰り、修理を行うことができたのは不幸中の幸い」とコメント。「明日はきっと万全な状態で走れると信じているから、全力でプッシュする」と反撃を誓っている。

総合8番手で競技2日目を終えたヤリ-マティ・ラトバラ
総合8番手で競技2日目を終えたヤリ-マティ・ラトバラ

 タナクに続くポジションにつけたミークは「明日は状況が少しでも良くなり、ポディウム争いができることを期待する」としたほか、ラトバラは「わだちが掘れたコーナーにオーバースピードで入ってしまい、タイヤがホイールのリムから外れ、空気が抜けた状態でステージをフィニッシュしたんだ。そのため次のステージでは慎重な走りになり、最後のステージではスピンでさらにタイムを失ってしまった」とSS7〜8でのアクシデントをふり返っている。

 競技3日目となる現地27日(土)は、サービスパーク西北エリアに位置するプニラ渓谷を舞台にSS9〜11、13〜15の6SSが行われる。午前中最後のステージとなるSS12のみ、プニラ渓谷ではなくサービスパーク近郊のダートコースで行われる。

 全7SSの合計距離は146.52km、リエゾン(移動区間)も含めた1日の総走行距離は342.47kmとなっている。