やってよかった!いざという時の急ブレーキ体験【MOTOR SPORT JAPAN2019】

●いざという時の急ブレーキ体験

「正しく急ブレーキを踏めていますか?」。こう聞かれてドキっとするドライバーの方、いらっしゃるのではないでしょうか。

実は私もその一人。ブレーキペダルを踏んだ時に車輪がロックするのを防ぎ、ブレーキ制動力を維持しながら車体姿勢とハンドル操作性を保つABS(アンチ・ロック・ブレーキシステム)という機能は知っていますが、どのくらいまで踏み込んだら作動してくれるのか今いちピンときません。

4月6日(土)、7日(日)に東京お台場で行われた「MOTOR SPORT JAPAN2019」で、正しいブレーキ操作方法を学んできました!

エクスペリエンス=体験をコンセプトに、様々な催しが開催されたエクスペリエンスゾーンで行われていた「みんなの楽ラク運転講習会」。

日本自動車ジャーナリスト(AJAJ)の皆さんからタイヤの知識、死角の確認(大型車、乗用車、二輪車からの見え方)など様々な運転知識を学ぶことができたのですが、その中の「いざという時の急ブレーキ体験/アリさんブレーキ体験」の講習を受けてみました。

まずは待機場で説明を受けます。

実は運転に慣れていてもちゃんと急ブレーキを踏めない人がほとんどで、ブレーキ性能を100%引き出せず事故を起こしてしまう例は少なくないのだそうです。

「急ブレーキを踏めない人がほとんど」の言葉と同じくらい驚いたのが、用意されたクルマ達。マツダ ロードスター、スバル BRZなど普段中々乗る事ができないスポーツカーで体験できたんです!

私が乗ったのは、グレーのボディにピンクのラインがかっこいいマツダ ロードスター。乗り込むだけでテンションが上がりますね。

いよいよ実技スタート! と、その前にまずはドライビングポジションをチェック。

シートが後ろすぎると最後までブレーキぺダルを踏み込めないので、ブレーキペダルを一杯に踏んだ状態で膝に少し余裕ができるようにシートスライドを調整します。

●「アリさんブレーキ」って?

そしてこの講習では急ブレーキとは正反対の操作、アリが歩くようなスピードで走る「アリさんブレーキ」も教えてもらえました。

オートマチック車に乗ると誰もが経験のある、ブレーキペダルを離すとアクセルペダルを踏んでいなくても時速10キロ程のスピードで車体が進むクリープ現象。「アリさんブレーキ」はクリープ現象をブレーキペダルで押さえながら時速2~3キロ(歩くスピードくらい)で走るのですが、これが意外と難しい!

急ブレーキスタート地点まで「アリさんブレーキ」で走行するも、「速い、速い」と何度も注意されちゃいました。でも、だんだん感覚が分かってきて、できるように☆

これがスムーズにできれば車庫入れ、縦列駐車、狭い道でのすれ違いなどが自信を持って行えるようになるそうです。

●いよいよ急ブレーキ体験!

さぁ、いよいよ急ブレーキ本番。スタート地点からブレーキ地点のカラーコーンまで一気に加速します。

勢いよくアクセルペダルを踏んでみるも、普段の運転で急加速をしないため、ちゃんと止まれるか不安になりカラーコーンの手前でブレーキを踏んでしまうというアクシデントが発生(汗)。クルマは止まったものの、ABS作動時のガタガタガタという振動が感じられません。

自分では踏み込んでいるつもりでしたが、「全然弱いよ。もっと上から何かを踏み潰すみたいに、思いっきり踏まないと」とアドバイスを受けます。何度かチャレンジしましたが、なかなか上手くできない…。

そして最後の走行。「くやしい、このやろ~!」と感情のままに踏み込んだらようやくABSが作動しました! やったー!!

それでもまだ踏み込む力が甘いそうですが、この感覚を体験したかしてないかで、いざという時に全然違うのだそうです。

もちろんいざという時が起こったら困りますが、クルマを運転している以上起こりうる可能性はゼロではないですよね。今回体験させてもらって本当によかったです。ありがとうございました!

(写真:clicccar編集長・小林和久、文:yuri)