〈スズキ・スペーシア ギア〉開放的な大空間×SUVデザイン!【ひと目でわかる軽自動車の魅力】

月間販売台数:12482台スペーシア、カスタム含む(18年8月〜19年1月平均値)
現行型発表:18年12月
JC08モード燃費:28.2 ㎞/ℓ ※「ハイブリッド XZ」のFF車

写真解説●塚田勝弘(TSUKADA Katsuhiro)
PHOTO●宮門秀行(MIYAKADO Hideyuki)
MODEL●森脇亜紗紀(MORIWAKI Asaki)

全高 1800㎜ 全幅 1475㎜ ミラー・トゥ・ミラー 1840㎜
開口高 510㎜
全長 3395㎜ 最小回転半径 4.4m

■主要諸元 ハイブリッド XZターボ
全長×全幅×全高(㎜):3395×1475×1800
室内長×室内幅×室内高(㎜):2155×1345×1410
ホイールベース(㎜):2460
トレッド(㎜) 前/後:1295/1300
車両重量(㎏):890
エンジン種類:直列3気筒DOHCターボ+モーター
総排気量(㏄):658
エンジン最高出力(kW[㎰]/rpm):47[64]/6000
エンジン最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):98[10.0]/3000
モーター最高出力(kW[㎰]/r pm):2. 3[3. 1]/1000
モーター最大トルク(Nm[㎏m]/rpm):50[5.1]/100
燃料タンク容量(ℓ):27(レギュラー)
トランスミッション形式:CVT
駆動方式:FF
タイヤ・サイズ:155/65R14
最小回転半径(m):4.4
JC08モード燃費(㎞/):25.6
車両本体価格:169万5600円

乗降性

〈前席〉ステップ高 345㎜ 助手席シート高 705㎜
〈後席〉シート高 720㎜ ステップ高 345㎜

3段階で開くフロントドアは、全開でなくても十分な開口スペースを確保する。前後ともに低床設計で天地方向にも余裕があり、Bピラーには後席用の乗降グリップを配置するなど、体型を問わず楽に乗降できるのが美点。

前後バンパーをはじめ、フロントグリルやヘッドライトの専用デザイン化、サイドやバックのドアガーニッシュにより、車名通りギア感が付加され、スペーシアからのイメチェンに成功。ルーフレールも標準装備になる。

先進安全装備

約5〜100㎞/h未満(対歩行者は約5〜60㎞/h)で作動する衝突被害軽減ブレーキをはじめ、約10㎞/h以下で作動する前後対応の誤発進抑制機能、車線逸脱警報、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能などを用意。

撮影車両データ

ボディカラー:アクティブイエロー ガンメタリック2トーンルーフ
オプション装備:全方位モニター用カメラパッケージ装着車(8万4240円)/
特別塗装色(4万3200円)/スタンダードプラス7インチワイドナビ〈パナソニッ
ク〉(14万994円)/フロアマット〈ジュータン〉ハニカム(2万142円)/他

ボディカラー

※1は2万1600円高。 ※2は4万3200円高。

ギア感を演出する小技が効いた内装

インパネ

水平基調とスーツケースをモチーフとした細部が印象的で、同仕様はガンメタリックのインパネカラーパネル、オレンジ加飾のメーターリングやエアコン吹き出し口リングなどにより、ベース車とは違った雰囲気を演出。外観同様に遊び心ある小技が効いている。

前席

ベンチのためホールド性はそこそこだが、シートに厚みがあり、幅方向にも余裕がある。座面に少し後傾角が付いていて長時間でも快適に座れるのも特徴。リフターとチルトステアリングで運転姿勢の調整が可能だ。

後席

足元、頭上ともに広々している。座面の厚みは十分だが、背もたれは格納時を考慮して少し平板なつくりになっている。床面から座面までも高く、前席を前寄りにしても前席下に足が入るため、姿勢の自由度も高い。

ラゲッジルーム

〈通常時〉奥行き 300㎜
〈後席格納時〉高さ 1100㎜ 奥行き 1350㎜ 幅 850㎜

左右分割可倒式の後席は、荷室側からスライドと背もたれの前倒しができる。フロアボードは後席のスライドに連動し、拡大時も段差の少ないフロアが出現する。低床、大開口のため大きな荷物の出し入れも容易で、開口部下側には自転車のタイヤが載せやすいように切り欠きが設けられている。

うれしい装備

スライドドアが閉まる前にロック予約が可能。スライドドア作動中にキーロックのスイッチを押すとハザードが1回点灯し、完了するともう1回点灯するため施錠の確認ができる。
助手席の座面を前倒しすると、座面下に大きな収納が出現。靴などが入るほか、脱着可能のためバケツにもなる。
速度固定式のクルーズコントロールを標準装備することで、ロングドライブで運転の疲れを軽減してくれる。
ポケットエリアも充実しており、上開き式のアッパーボックス、引き出し式の収納とドリンクホルダーを助手席前に用意。
天井のスリムサーキュレーターは、前席は快適でも後席は寒い(暑い)という状況を空気の循環で解消する。吹き出し口の開閉が可能だ。
車両を真上から眺めたような俯瞰映像が特徴の全方位モニターは、自車周辺の確認に加え、車外が透けて見えるような視点に切り替えられる。
運転席側後席の隣に、トレーと12Vのアクセサリーソケットを備えることで、スマホやゲーム機などの充電に対応する。
撥水シートを標準装備するスペーシアギアは、飲み物をこぼしたり、濡れたまま乗り込んだりしても拭き取りやすい。

アウトドアに最適なギアらしい装備

撥水加工を施したシートや防汚タイプのラゲッジフロアなど、アウトドアシーンにおいても実用的な装備が際立つスペーシアギア。助手席シートバックポケットは2段メッシュタイプとなっており、通気性も良く汚れにも強いのが美点だ。
2名乗車+最大ラゲッジスペース
2名乗車+長尺ラゲッジスペース

後席は左右別々にスライドと前倒しが可能。さらに、助手席の座面を前に引き上げて床面に格納し、外したヘッドレストを座面下に収納して背もたれを前にフラットに倒すことで、実測で2100㎜程度の奥行きが確保できる。長尺物の積載に対応できるのもうれしい。

バイヤーズガイド

ハイブリッド XZターボ
ハイブリッド XZ
ハイブリッド XZ(インテリア)

自然吸気とターボの価格差が約8万円と小さいので、絶対に走りに余裕が増すターボを選んでおきたい。ターボにはパドルシフトやクルーズコントロールも付くので長距離ドライブも楽になる。オプションのヘッドアップディスプレイはカラー表示で視認性が良く、ナビの交差点経路案内も表示されるから、装着しておきたいアイテムだ。

クルーズコントロール、本革巻きシフトノブ、パドルシフトを「XZターボ」にのみ標準化するほかは、「XZ」も装備は基本的に同一となる。全方位モニター、ヘッドアップディスプレイ、標識認識機能はセットオプション。

モーターファン別冊 統括シリーズ vol.115 2019年 軽自動車のすべて

最新33車種徹底ガイド!!
SUVチックな軽ワゴンで行こう!!
軽スポーツに注目!
激戦のスーパーハイトにSUV風味満点のスペーシアGEARが登場!
東京オートサロン2019で見つけたスペシャル軽、一挙紹介!