ラッセル「ロバートとのちょっとしたバトルでレースを楽しんだ」ウイリアムズ バーレーンGP日曜

 2019年F1第2戦バーレーンGP決勝で、ウイリアムズのジョージ・ラッセルは15位に終わった。

■ロキット・ウイリアムズ・レーシング
ジョージ・ラッセル 決勝=15位

 現時点でのチームの状況は分かっているが、僕にとっては楽しいレースだった。ロバート(・クビサ)との間で、ちょっとしたバトルを何度か楽しめたからね。自由にレースをさせてくれたチームに感謝している。

 個人的な観点からは、かなりいいレースだったとはいえ、もちろん15位でフィニッシュするのは決して楽しいことではない。自分たちがどのあたりで戦っているかは、チームの誰もが分かっている。それでも今日は最後までクルマを走らせて、またいくつかのことを学んだ。