クビサ「マシンの問題が解決せず、苦しい戦いを強いられた」:ウイリアムズ F1バーレーンGP日曜

 2019年F1バーレーンGP決勝で、ウイリアムズのロバート・クビサは16位だった。20番グリッドから唯一ミディアムタイヤでスタートしたクビサは、2回ストップで走り、完走を果たした。

■ロキット・ウイリアムズ・レーシング
ロバート・クビサ 決勝=16位
 とてもタフなレースだったが、そうなることは予想していた。ずっと悩まされているクルマのバランスの問題のおかげで、苦しい戦いを強いられた。しかも、今日は風が強くて、その問題がさらに厄介なものになったんだ。タイヤがフレッシュな時には、楽しく走れる周もあった。ただ、それが終わった時にどうなるかは分かっていたので、タイヤのケアをしながらドライブするしかなかった。パフォーマンスに集中するというよりも、ただFW42をコース上にとどめておくためにね。