ボッタス2位でランキング首位をキープ「去年はあまりにも不運だったから、たまにはこういうレースがあってもいい」:メルセデス F1バーレーンGP日曜

 2019年F1バーレーンGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは2位だった。ボッタスは第2戦終了時点でドライバーズランキング首位を維持している。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=2位
 楽なレースではなかった。マシンが本当に乗りづらかった。風が強く、難しいコンディションで、マシンの挙動が予測できなかった。

 スタートをうまく決めて2番手に上がった。でも次のラップのターン1で風の影響を受けてポジションを失い、ルイス(・ハミルトン)とのバトルの末に4番手まで落ちた。

 その後はほとんど単独走行で、誰にも出くわさなかった。でも見ていた人にとっては、今日は予想外のことがたくさん起こり、エキサイティングなレースだったんだろうね。

 フェラーリは金曜からの強さを維持し、決勝でもものすごく速かった。でも今日は僕らに幸運が味方した。僕個人としては、大歓迎だよ。去年はあまりにも不運なシーズンだったからね。

 とはいえ、今日の僕らの勝因はマシンの信頼性の高さであると言えるだろう。シャルル(・ルクレール)にとってはきついレースだっただろうね。でも、あれほど素晴らしい仕事ができたのだから、いずれ結果は出せるはずだ。

 バーレーンでたくさんのポイントを稼いだ。同時に、中国に向けてたくさんの課題ができたのも事実だ。