ルクレール、エンジンのシリンダーのトラブルで初勝利を失う。「もっと嬉しい初表彰台になるはずだった」と落胆:フェラーリ F1バーレーンGP日曜

 2019年F1バーレーンGP決勝で、フェラーリのシャルル・ルクレールは3位でF1での自身初の表彰台に上がった。

 ポールポジションを獲得したルクレールは、スタートでチームメイトのセバスチャン・ベッテルに抜かれた。5周目に抜き返したルクレールは、後方にギャップを築き、レースをリードするが、残り15周となった時、パワーユニットにトラブルが発生。大きくペースを落として周回することになり、2台のメルセデスに抜かれてしまう。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンにもオーバーテイクされるものと予想されたが、残り2周の時点でルノー2台がコース上でストップしたため、セーフティカーが出動。これによりオーバーテイクが禁じられた状態でレースが終了、ルクレールは3位を守り切った。ルクレールはファステストラップを記録し、ボーナスポイントも獲得している。

 当初はMGU-Hに問題が発生したと考えられていたものの、チーム代表マッティア・ビノットはその説を否定、エンジンのシリンダーにトラブルが起きたと説明、ファクトリーで詳しい調査を行うとコメントした。

2019年F1第2戦バーレーンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)が初表彰台
2019年F1第2戦バーレーンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)が初表彰台

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 決勝=3位
 これもモータースポーツの一部だということは誰もが知っている。思いどおりにいかない日も時にはある。今日は僕らのための一日ではなかった。

 レース終盤、パワーユニットにトラブルが発生して、ペースを落とさなければならなくなった。レースをコントロールできていたと思っていたのに残念だ。チームも僕もがっかりしている。でも今週末はポジティブな要素もたくさんあった。チームは素晴らしいマシンを用意してくれた。彼らの努力の賜物だ。すごく乗りやすくて、本当にいいマシンだった。

 モータースポーツではこういうことが起きることもある。そのなかでベストの結果を出した。初めての表彰台を本当ならもっとエンジョイできるはずだった。それでも僕にとってF1で初の表彰台であることに変わりはない。これが人生だ。もっと強くなって次のレースに戻ってくるよ。

 週末を通して強力だったのに、3位どまりだなんてがっかりだ。3位は僕らにふさわしい位置ではない。本当に不運だったけど、少しだけラッキーだったのは、セーフティカーが出たことだ。あれがなければ、もっと順位を落としていただろう。