リッター17キロの高燃費を維持したまま200馬力を発揮する通勤快速CR-Z!

リッター17キロの高燃費を維持したまま200馬力を発揮する通勤快速CR-Z!

ホンダ車チューンの老舗ならではのチューニングプラン!

 

キット設定のないGTS7040スーパーチャージャーを軸にメニューを構築

トップフューエルが製作したスーパーチャージャー仕様のCR-Zは、往復100kmの通勤で、CR-Zの加速力のなさにストレスを感じたというオーナーの依頼で製作されたもの。毎日長距離の通勤をこなすことを前提とするならば、トルク変動の少ないHKSのスーパーチャージャーを使った過給機チューンが快適性を保ててベストと判断したのだ。

最初からエンジン本体には手を入れない流れだったため、普通ならばHKSのCR-Z用スーパーチャージャーキット(GTS4015)を選択するのだが、トップフューエルでは、あえて加工やワンオフパーツの製作が伴うGTS7040のセットアップキットを推奨。GTS7040は2.0Lクラスに合わせる事が多いサイズで、300psも狙えるサイズである。

その理由は、余裕のあるコンプレッサーサイズを使うことでブースト圧を抑えながら高回転まで伸びのあるフィールを持たせるため。また、プーリー比を抑え、コンプレッサーの回転数を上げないことで、スーパーチャージャー本体の負担を減らす(=寿命を伸ばす)ことができるのもメリットだ。

GTS7040の性能を引き出すための補機チューンも徹底。サクションパイプはトップフューエルがワンオフ製作し、

インタークーラーもランエボ用コアを使ってワンオフ、インジェクターは300ccへと容量アップを果たした。

ちなみにこのインタークーラーコアは重量も軽く寸法もCR-Zにピッタリだったとのこと。スーパーチャージャーには余力があるので、パワーアップの手段というより、エンジンの負担を減らし安全率を高めるための吸気冷却と言える。

そして排気系は、触媒などが付くエキマニまでは純正のままマフラーはステンレスでワンオフ。抜けすぎを避けるため、中間パイプ50φ→テールパイプ60φとし排気効率を高め、効果的な過給につなげている。

その他、キャパシティが不足気味なブレーキはフロントをDC5用ブレンポにすることで解決。ローターはS2000用の300mmとなっている。ホイールは18インチのアドバンRZ-DFで、タイヤにはネオバAD08(FR225/40-18)をセットしている。

最高出力はエンジン本体の耐久性を考慮して、プーリー比でブーストを0.8キロに抑えているものの、F-CON iS制御で実測210psを発揮。ベース車両のエンジン出力が120psということを考えれば、十分すぎる数値だろう。

なお、アクセルを踏むのが楽しくなるというスーパーチャージャー付きの通勤快速仕様だが、燃費のほうも普通に乗れば17km/Lを確保できているそうだ。エコカーとしての特性をしっかり残したチューニングカーに仕上がっているというわけだ。

●取材協力:トップフューエル 三重県松阪市中道町500-1 TEL:0598-56-5880