アルボン、F1参戦2戦目にして初ポイント「ラッキーな入賞でも嬉しい! いいレースをしたと思う」:トロロッソ・ホンダ F1バーレーンGP日曜

 2019年F1バーレーンGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは9位でフィニッシュ、F1で初めてポイントを獲得した。12番グリッドからスタートしたアルボンは、レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーに対するオーバーテイクも披露。レース終盤11番手を走っている際に、前を行くルノーの2台がリタイアし、アルボンは9位を獲得した。

2019年F1第2戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第2戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
アレクサンダー・アルボン 決勝=9位
 忙しいレースだった。常に誰かとバトルをしていた気がする。1周目、ターン1への進入で少し慎重にいったため、あまりいいスタートにはならなかった。その後は集中して自分の仕事に取り組み続けた。いい戦略で走ったし、プライムタイヤでのペースはよかった。上位でリタイアが出たことで得をしたけれど、喜んでこのポジションを受け取るよ。

 風が強くてマシンの動きが予測できず、厳しかった。それでもレースのなかで強さを発揮できたと思う。スタートだけが残念だったけどね。オーバーテイクするために前のマシンに近づくと、タイヤがオーバーヒートするから、追い抜きは楽ではない。それでも今日のレースは楽しかった。いい経験ができたと思う。

 F1での初ポイントを獲得することができてものすごくうれしい。このペースを中国でも維持したい。