フェルスタッペン4位「“棚ぼた”の表彰台なら嬉しくない。今日の僕らは3位にふさわしくなかった」:レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP日曜

 2019年F1バーレーンGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4位を獲得した。

 5番グリッドからスタートしたフェルスタッペンは、2回ストップ戦略を採り、レースの大半で5番手を走行した。しかし、レース後半にセバスチャン・ベッテルがスピンを喫し、後退したことで4番手に上がった。さらに終盤、首位のシャルル・ルクレールがトラブルでポジションを落としていき、フェルスタッペンが3番手に浮上することはほぼ確実と思われた。しかしアクシデントによりセーフティカーが出動、フェルスタッペンはオーバーテイクのチャンスを失い、4位でフィニッシュした。

2019年F1第2戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第2戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 決勝=4位
 今日は可能ななかで最大の結果を出したと思う。今回もたくさんのポイントを稼ぐことができた。強い風のなか、ペースが上がらず、リヤのグリップに苦しんでいたことを考えれば、4位は悪くない結果だ。スライドが多く、楽ではなかったが、その状態で何とか走るしかなかった。これ以上の結果を出すことは難しかったと思う。

 マシンの力を限界まで絞り出して走った。オーストラリアではうまくいったが、ここではとても苦労した。

 あと一歩で表彰台に上れるところだったが、上れたとしてもそれは運に恵まれたからに過ぎなかった。僕らには表彰台にふさわしい速さはなかったからね。

 それよりもシャルルは(トラブルで勝利を失うなんて)本当についてなかったね。でも彼は少なくとも表彰台には上れたのだし、僕自身は4位にそれほどがっかりしてはいないよ。

 マシンについて学ぶべきことがまだたくさんある。ここで起きたことをファクトリーで分析して理解し、次の中国では上位とのギャップを縮めることを目指すよ。今回は僕らのための週末ではなかった。

(表彰台を逃したことについて語り)セーフティカーが出動していなければ、シャルルを抜いていただろう。そうならなかったけれど、別にがっかりしてはいない。今日の僕らは表彰台にはふさわしくなかったからね。

 マシンが横風の影響を受けて、常にオーバーステアだった。それでより一層苦労した。マシンバランスは最初からよくなかったしね。

(序盤のカルロス・サインツJr.とのバトルについて)ふたりともブレーキングを遅らせて、カルロスはアウト側に行こうとした。僕がそっちにいるとは思わなかったのだろう。今のF1マシンでは周囲が見えづらい。彼を避けようとしたが、ホイール同士がぶつかってしまった。ついてなかったよ。