「小さな高級車プログレ」はチューンドベースとして高い資質があるって知ってますか? 500馬力のサーキット仕様が見参!

「小さな高級車プログレ」はチューンドベースとして高い資質があるって知ってますか? 500馬力のサーキット仕様が見参!

稀有な小型高級セダンに500psの強心臓を与える!

JZX110のパーツを流用しながら足回りもフルピロ仕様!

トヨタの小型高級セダンとして、5ナンバーサイズのボディにセルシオ並の装備を盛り込んだプログレ(JGC11)。上級グレードだと500万円もした車両だ。

しかし、中古車相場は格安で、本革内装の上位モデルでも10万円台から手に入るほど。しかも、エンジンはNAとはいえ1JZ&2JZを搭載し、足まわりはJZX110系とほぼ共通で、ツアラー系やクラウン系のパーツを多く流用できる。そしてFR駆動!

今ではレア車の部類に属するが、チューンドベースとしての可能性はかなり高いモデルだったりする。

ちょっと前置きが長くなってしまったが、この2JZ-GTEターボ仕様はプログレの車格をいかし、快適な街乗り装備を保ったままサーキットで速く早く走ることを目的に製作されたチューンドだ。

もともとNAの2JZが搭載されていたため、エンジン本体のレイアウトはすんなり決まる。しかし、ストラットタワーの張り出しが大きいため、タービンまわりや配管類のレイアウトは大変だったそう。それでも、ノーマル然と仕上げるのは、さすがスワップチューンの老舗C&Yといったところだ。

レイアウトの苦しかったタービンは、結果的に純正エキマニの2-1集合部のみを上向きに製作してタービンを配置。低回転域からの立ち上がりを考えて選んだアクチュエーター式のGT3037プロSもポイントだ。鋳物のエキマニのため、連続走行で熱がかかっても割れにくいというメリットもある。

最高出力は低回転からのトルクや耐久性を重視した控えめの500ps。ミッションはゲトラグの6速を使ってマニュアル化されている。

メーターはスタックのST8100をチョイス。エンジン換装時にハーネスを引き直すことを考えると、オールインワンメーターを装備するほうが、コスト面でも優位なことも多い。内装はバケットシートを装備しているが、基本的にオリジナルを保っている。

一方の足回りは、JZX110用のパーツを流用してチューニング。車高調はクスコで、アーム類はイケヤフォーミュラやクスコの調整式を使いほぼフルピロ化されており、スタビも強化済みだ。また、ブレーキはフロントがJZA80スープラ用、リアがSXE10アルテッツァの17インチ用を使って強化している。

外装はほぼノーマルだが、可能な限りワイドなタイヤを履けるようにと前後フェンダーはワイド化されている。メルセデスを彷彿とさせるフェンダーデザインが斬新だ。

「他人と同じクルマは嫌だ!」という個性派チューニングフリークにとって、プログレは十分アリなベース車両なのではないだろうか。

●取材協力:C&Yスポーツ TEL:0561-38-8325