「簡単取り付け&ディーラー対応」高性能すぎるドイツ産のチューンドECUがシビックタイプR(FK8)を覚醒させる!

「簡単取り付け&ディーラー対応」高性能すぎるドイツ産のチューンドECUがシビックタイプR(FK8)を覚醒させる!

ドイツ生まれのレースチップでタイプRを覚醒させる

簡易取り付けで大幅パワーアップ! 特性の異なる3タイプを用意!

圧倒的な加速力を誇る現行シビックタイプRだが、チューニングマニアであればその先にある真のポテンシャルを味わってみたいと思うもの。

とはいえ、保証が切れるまではノーマルで乗っていようとか、ディーラーに入庫できなくなるのは困る、と思う人が大半だろう。そうした問題をクリアした上で、安全かつ手軽にパワーアップできたとしたら…。そんな理想を実現してくれるのが、ドイツ生まれの「Race Chip(レースチップ)」だ。

その特徴は、車両そのものはもちろんのこと、コンピュータ本体やプログラムに手を加えることなく出力向上を果たせること。ブースト圧センサーやインマニセンサーからアウトプットされる数値を変更。過給圧コントロールなどを最適化し、大幅なパワーアップを実現するという仕組みとなっている。

今どきの純正コンピュータは非常に優れていて、車両の隅々に設置したセンサーにより情報を収集。何かしらの異常を検知したり危険ゾーンに達したりすると、自動的にエンジンを保護する仕組みになっている。レースチップはそうした機能を犠牲にせず、燃調についても車両側ECUが最適化してくれるので、燃料噴射量が足りなくなる心配はない。それも、十分な安全マージンを取って開発されているということなのでユーザーとしては安心だ。

「FK8シビックタイプR用は3タイプ。手頃に試せるRS(5万円/3年保証)の他、トルク重視のGTS(7万5000円/5年保証)とパワー優先のGTSブラック(10万円/5年保証)をご用意しました。使っているチップ自体は同じですが、マザーボードやプログラムの違いで異なる性能を出しています」とTMワークスの小林さん。

なお、製品は安全マージンを取った設計だが、剝き出しエアクリーナーや社外マフラーを装着した車両の場合、エラーが出るケースも稀にある。そうした際は、本体に設けられたダイヤルスイッチで調整することが可能だ。

その効果は侮れず、ノーマルが実測321.3psだったのに対し、RSでも約340ps、GTSブラックに至っては353.8psと30ps以上の上乗せを果たしている。ここまでパワーアップすれば加速感の違いは歴然だ。

取り付けについても専用ハーネスが用意されており、レースチップ本体をブースト圧&インマニセンサーの間に割り込ませるだけの手軽さ。レースチップで、タイプRの秘めたるポテンシャルを開放してみてはいかがだろうか?

●取材協力:ティ.エム.ワークス 山梨県南都留郡富士河口湖町船津6913-1 TEL:0555-72-0546