ホンダ田辺TD「惜しくも表彰台を逃したが、4台中3台入賞。PUの高い信頼性があってこその結果」:F1バーレーンGP日曜

 2019年F1バーレーンGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4位、ピエール・ガスリーは8位だった。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは12位、アレクサンダー・アルボンは9位と、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)を搭載する4台すべてが完走、そのうち3台が入賞を果たした。

2019年F1第2戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第2戦バーレーンGP アレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)とピエール・ガスリー(レッドブル・ホンダ)

 フェルスタッペンはレースの大半で5番手を走行したが、セバスチャン・ベッテルがスピンを喫し、後退したことで4番手に上がった。さらに、終盤、首位のシャルル・ルクレールがトラブルでポジションを落としていき、フェルスタッペンが3番手に浮上することはほぼ確実と思われたが、セーフティカー出動によってオーバーテイクのチャンスはなくなり、4位でフィニッシュした。

ホンダF1テクニカルディレクター田辺豊治
 今日はタフなレースになりました。しかし4台とも完走を果たし、3台がポイントを獲得することができました。PUとしては週末を通してトラブルフリーで走り抜き、それがこの結果につながったと感じています。

 アストンマーティン・レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペン選手については今日も素晴らしい走りを見せてくれました。ラスト2周でのセーフティカー導入がなければ、2戦連続の表彰台を獲得できたのではないかと思うだけに、非常に残念です。

 一方のガスリー選手は終始苦しいレースが続きましたが、タイヤをうまくマネージし、入賞を果たしてくれました。

 スクーデリア・トロロッソについては、デビューから2レース目で初ポイントを獲得したアルボン選手におめでとうと伝えたいです。昨日もいい走りを見せてくれましたし、今日もいくつかのオーバーテイクを含めて、粘り強い走りを見せ、ポイントを獲得してくれました。

 クビアト選手については、接触もあり不運な展開となりましたが、レースでは速さを見せていましたし、今後を楽しみにしています。