ハミルトン「直線スピードが違いすぎて、フェラーリに歯が立たなかった」:メルセデス F1バーレーンGP土曜

 2019年F1バーレーンGPの土曜予選で、メルセデスのルイス・ハミルトンは3番手だった。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
ルイス・ハミルトン 予選=3番手
 今日の予選は本当に楽しかった。それに、今週末のなかで、自分たちが進歩していることを確認できたのもよかった。

(F1初ポールを獲得した)シャルル(・ルクレール)におめでとうと言いたい。彼は素晴らしい仕事をして、ポールというふさわしい位置を手に入れた。

 今週末、フェラーリのペースが強力なことは分かっていた。彼らとの差を縮めようと懸命に取り組んできたが、彼らはストレートが本当に速かった。今日の僕らはその部分で多くのタイムを失っていた。

 マシンの感触は良かったよ。理由は分からないけれど、過去に、このコースが僕らのマシンにぴったり合う状態だったことは一度もない。けれども今日は、それなりに良い位置につけられたと思う。明日もいい感触を得られるといいね。

 とても厳しいレースになるだろう。体力的にきつく、タイヤへの負担も大きい。でも昨年はレースペースは良かったから、今年もそうであることを願っている。わくわくするようなバトルが大好きだ。レースはそうあるべきだと思っているからね。

2019年F1第2戦バーレーンGP予選日 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2019年F1第2戦バーレーンGP予選日 ルイス・ハミルトン(メルセデス)

(フェラーリとのギャップについて語り)フェラーリはとてつもなく速い。ストレートでかなりのスピードを稼いでいるんだ。セクター1では直線スピードの違いだけで、0.3秒とか0.2秒僕らは遅かった。

 でも重要なのは明日だ。彼らに戦いを仕掛けるよ。フェラーリは(予選では)信じられないほどのペースを発揮したけれど、だからといって倒すのが不可能とは限らない。