フェルスタッペンが渾身のアタックで予選5番手「もっと悪い結果を覚悟していた。マシンの問題が解決しない」:レッドブル・ホンダ F1バーレーンGP土曜

 2019年F1バーレーンGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは5番手だった。Q3でフェルスタッペンは1回のランを行うチャンスしかなかったが、1周をうまく決め、フェラーリとメルセデスの次の位置を確保した。

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
マックス・フェルスタッペン 予選=5番手
 今週末、僕らはマシンバランスの面で苦労している。特にソフトタイヤを装着したときが厳しい。

 予選ではオーバーステアがひどくて、パワーをかけるとマシンがスライドした。そのためにバランスの面で何をすべきか、コーナーにどういうアプローチをとるべきなのかを予測するのが難しかった。

 Q3でアタックできたのは1ラップだけだったので、一発勝負ですべてをかけて走った。やり残したことは何もないと感じている。

 フェラーリとメルセデスの後ろの位置にもちろん満足はできないが、5番手という結果を喜んでもいる。Q1とQ2ではこのポジションを狙って戦えるとは思わなかったからね。

 明日は面白いレースになりそうだ。僕らは決勝の方が競争力を発揮できるはずだからね。プラクティスではミディアムタイヤを装着してのロングランでいいパフォーマンスを発揮できていた。

2019年F1第2戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第2戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

(今週末の苦戦について語り)自分たちの位置が分からず、予想ができないまま予選に臨んだ。マシンバランスに苦しみ続け、今も満足できる状態ではない。本当に厳しい予選だったから、5番グリッドを確保できてよかった。もっとずっと悪いポジションになったかもしれなかった。

 予選中もバランスに苦労し、あらゆることを試してみたが、解決法が見つからなかった。今日はベストを尽くした。もちろん今日のパフォーマンスには満足できないけどね。

 明日、(決勝のコンディションで)マシンがどういう動きをするのかを見ていく。今週末はソフトタイヤをうまく機能させられずにいるけれど、それに比べるとミディアムコンパウンドでは競争力がある。