2.0Lターボ勢とガチ勝負できるインテグラタイプR(DC5)のNAメカチューン走行会スペシャル!

2.0Lターボ勢とガチ勝負できるインテグラタイプR(DC5)のNAメカチューン走行会スペシャル!

全域で軽快に吹け上がるK20A改2.15L化+4連スロ仕様!

DC5チューンを知り尽くしたM&Mが放つトータルチューン

これまで数多くのDC5インテグラチューンを手がけてきたホンダ車の匠「M&Mホンダ」が、そのノウハウを余すことなく投入したのが今回紹介するマシンだ。

その装いからも分かるとおりターゲットステージはサーキット走行会。そのため、エアコンなど快適装備は排除しているものの、自走でサーキットまで往復できるナンバー付き車両に仕上がっているのが特徴だ。

K20Aのポテンシャルをさらに引き上げるべくM&Mホンダが選択したのは、ボアアップ&4連スロットル化というプラン。戸田レーシングのキットで排気量を2150ccまで拡大したK20Aエンジン改は、最高出力275psをマークし、9000rpmまでブン回せる。K20Aは酷使するとコンロッドが振れてメタルが流れる症状も出がちだが、H断面コンロッドはその対策としても有効だ。

4連スロットルも戸田レーシング製で、そこにオリジナルのカーボンサージタンク&インテークダクトを装着。ダイレクトに吸気を取り込めるインテークシステムを構築することで、夏場でも吸気温度は30度近く下がり、安定した性能を引き出すことが可能とのこと。

制御はオリジナルECUで行い、燃料や点火時期はもちろんi-VTECの切り替えポイントも純正の5500rpmから5000rpmに引き下げられる。結果として、全域パワフルなエンジンに豹変したK20A改は、圧縮比を高めていることもあり、まるでバイクのような吹け上がりをみせる。

そうして大幅なポテンシャルアップを果たしたエンジンを使い切るために欠かせないのが足まわりチューン。

まず前提として、ボディ剛性を引き上げてサスの動きを良くしないと意味がないと判断し、このマシンはホワイトボディ状態から応力集中部分を中心にスポット増しを敢行。ストラットタワー部のたわみを抑え込む策が講じられている。

旋回や駆動を一手に担うフロントセクションを中心に、リヤとのバランスを考えながらジックリと煮詰められた至高のフットワークは、オーリンズベースのオリジナル車高調を軸に構築。ストレートアームのジョイントブラケットを設けることで、ローダウン時のアライメントを適正化した逸品だ。

さらにキビキビとした走りを実現すべくブッシュ類はピロボールに変更。最適なジオメトリーを実現するためにオリジナルの調整式アームもセット。現在のキャンバー角はフロントがネガ4度、リヤがネガ2.5度ほど。

ブレーキチューンも徹底。フロントはap製6ポッド+355mmローターで、リヤは純正キャリパーに314mmローターをいう組み合わせ。フロントのみビッグキャリパー化することでバランスが崩れるのを心配する人もいるが、まったく問題なしだとか。

軽量化にも余念がなく、室内はドンガラの状態で車重は1050kg(ノーマルは約1200kg)という軽さ! 重量増を避けるためロールケージすら装着していない。ミッションは純正6MTで、ファイナルのみ5.1に変更済みだ。

エクステリアでは、約15〜20mmワイドというオリジナルのフロントワイドフェンダーにTE37SLの18インチ(9J+45)をセット。組み合わせるタイヤはハンコックの235/40サイズだ。

リヤセクションは下部を大胆にカットしたリヤバンパーに、カーボン仕上げとなるリヤディフューザーを装着。さらに2枚羽根タイプとなるGTウイングもセットすることで、高速コーナーでも安定した走りをみせる。

メインコースとなるオートポリスのベストは2分7秒台で、さらにタイム短縮も狙えそうというから、その速さは本物。VTECを知り尽くした匠のトータルチューンにより、2.0Lターボのチューンドもラクに追い回せるほどの戦闘力を手に入れているのだ。

●M&Mホンダ 福岡県太宰府市国分1-18-8 TEL:092-923-1955