プジョー、新世代フラッグシップ『508』日本仕様を3月20日から発売開始

 2018年11月に日本市場への導入が発表されていたプジョーブランドのフラッグシップで、新たにファストバックスタイルを採用した『508』の日本仕様が公開され、全3グレード構成で3月20日より発売が開始されている。

 先代までのスリークなセダンボディから脱却し、より低く、よりタイトな4ドアファストバックスタイルという攻めのモデルチェンジを果たした新型『508』は、デビュー時より高いダイナミクス性能で定評あるEMP2プラットフォームとアクティブサスペンションを採用するとともに、インテリアでは第2世代となる新i-Cockpitや厳選されたマテリアルを使用した質感の高いデザイン空間を実現した。

 さらにレーンポジショニングアシスト、アクティブクルーズコントロール、ナイトビジョンに第2世代アクティブセーフティブレーキといった各先進機能の採用も含め、安全性、ダイナミズム、乗り心地の全方位、あらゆる要素でDセグメントの「概念を変える」モデルと位置付けられている。

 フロントエンドは今後のプジョーデザインを印象付けるアグレッシブなものとなり、切り立ったフロントグリルとフルLEDライトで構成。ボンネット先端には往年のモデルへのオマージュでもある車名ロゴが入れられ、バンパーとスポイラーを垂直に通るLEDデイタイムランニングライトと相まってシャープで個性的な表情を作り出している。

 またサイドからリヤにかけては、窓枠のないサッシュレス構造とされたウインドウからライオンの爪痕を想起させる3本のLEDラインを持つテールライトへとラインが繋がり、凹凸のない流麗なガラスハッチとスムースな一体感をみせる。

 そしてプジョー独自のユーザーインターフェースとなるi-Cockpitも第2世代へと進化し、コンパクトなステアリングホイールを主軸に、その上部から計器類を視認するアウターホイールメーターや8インチのセンタータッチスクリーン、そして12.3インチのデジタルヘッドアップディスプレイ(HUD)を採用。

 HUDは6種類の表示モードを持ち好みに応じたカスタマイズも可能で、メーター類とあわせて視線移動の少ない安全性に配慮したドライビング空間を実現している。

 また中央のタッチスクリーンはインテリアのデザインに溶け込み、その下にピアノのキーのような7つのトグルスイッチを配することで、ナビ、エアコン、ラジオなど主要な機能にはダイレクトにアクセスが可能となっている。

ボディカラーは全8色が用意され、ガソリン仕様のAllure、GT Lineに加えディーゼルのGTが最上級グレードとなり、全車8速オートマチックEAT8を組み合わせる
窓枠のないサッシュレス構造とされたウインドウを採用し、より低く、よりタイトな4ドアファストバックスタイルに
マテリアルを厳選した質感の高いインテリアには、ピアノのキーのような7つのトグルスイッチを配した

 そしてプジョーブランドのフラッグシップに相応しい先進安全・運転支援機能(ADAS)も搭載され、二輪車および夜間での検知精度をアップした第2世代アクティブセーフティブレーキをPSAグループで初採用。

 ACCに加えて、ドライバーが任意に設定した白線に沿って車体との間隔を保持する制御ロジックを持つレーンポジショニングアシストをプジョーで初めて搭載し、こちらも初採用のオプションとなるナイトビジョンや、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターシステムなど数多くの機能が網羅されている。

 さらに中央の8インチタッチスクリーンではApple CarPlay、Android Autoに対応するスマートフォン接続機能に加えて、日本仕様のカーナビゲーションとしてタッチスクリーン専用ナビをETC2.0とともに標準装備。

 センターコンソールにはスマートフォンのワイヤレス充電エリアを設置し、ワイヤレス給電の国際共通規格であるQi(チー)を採用し、対応スマートフォンを置くだけで充電が可能となっている。

 パワートレインには二酸化炭素排出量クラス最小レベルでありながら、溢れるトルクで定評の2リッター・クリーンディーゼルBlue HDi(177PS/400Nm)と、ダウンサイジング1.6リッター・ガソリンターボのPureTech(180PS/250Nm)を日本仕様として導入。その燃料消費率は実走行条件により近いとされるWLTCモードで、それぞれ16.9km/リッターと14.1km/リッターという高い省燃費性能を実現している。

 その骨格となるEMP2にも、新たな溶接技術と24mにも及ぶ構造用接着剤の採用で強化が図られ、足元には全車にプジョー初となる電子制御アクティブサスペンションを装備。走行状況や路面に応じてダンパーの減衰力をリアルタイムに制御するなど、ハイレベルなハンドリング性能と乗り心地を両立した。

 ボディカラーは全8色が用意され、ガソリン仕様のAllure、GT Lineに加えディーゼルのGTが最上級グレードとなり、全車8速オートマチックのEAT8との組み合わせで価格は417万〜492万円。ステーションワゴン版となる新型『508 SW』は2019年夏に国内発表・発売が予定されている。

2輪車および夜間での検知精度をアップした第2世代アクティブセーフティブレーキをPSAグループで初採用
AGR(ドイツ脊椎健康推進協会)の認証を得たシートを採用。電子制御アクティブサスは4つの走行モードに対応する
センターコンソール下部にはワイヤレス給電の国際共通規格のQi(チー)を採用

プジョーコール TEL:0120-840-240