CD7アコードクーペにまさかのV6エンジン換装! 美しすぎる各部のメイキングにも注目だ!

CD7アコードクーペにまさかのV6エンジン換装! 美しすぎる各部のメイキングにも注目だ!

「壁」を突き破るV6スワップ!

270psの3.2L V6ユニットに載せ換えて出力150%アップをサクッと実現!

アメリカのホンダ乗りの間で、今ふつふつと盛り上がりを見せているのが、北米向けの中・大型車に搭載されてきたホンダのJ型V6エンジンを、シビックなどの小型車に載せ換えるエンジンスワップだ。

J型は日本人には馴染みの薄いエンジンだが、アメリカではアキュラのTLやRLなど、幅広い車種に採用されてきたポピュラーな存在。中古のエンジンも手に入りやすく、ホンダ車向けのマウント類をリリースしているハスポートは、各車種用のJスワップ専用マウントを商品化しているほどだ。

“ちまちまチューニングするより簡単にパワー上がるべ!”という、あっけらかんとしたアメリカ的発想に基づくV6スワップは、彼の地のホンダフリークにとって一度は手を伸ばしてみたくなる禁断の果実なのである。

カリフォルニア州フリーモントのアレックス・メネンデスも、その果実をもぎ取り、V6スワップを実現させたひとり。ベースに選んだのは、94年式のCD7型アコードクーペだ。

「その年代のホンダの2ドア車はみんな好きなんですが、人とは違うクルマが欲しかったので、王道のシビックやインテグラではなく、あえてアコードクーペを選びました。もとはノンVTECのF22型直4とATが載っていたんですが、最初からV6に載せ換えるつもりだったのでまったく気にせず買いました(笑)」

そう語るアレックスは、以前にも同じCD7型アコードクーペに日本仕様のH22A型直4VTECをスワップした経験を積んでいた。J型V6への換装は、より高いレベルのエンジンスワップに挑戦したいという気持ちのあらわれでもあったのだ。

ちなみにCD型アコードは、北米仕様のみ当時からV6モデルが存在していた。C27A型というV6エンジンがセダンに設定され、クリアランスを確保するため4気筒モデルより高いボンネットとフェンダーが装備されていたという。

ある意味、V6が物理的に搭載可能なことは最初から証明されていたとも言えるワケだが、実際にアレックスがJ32A型V6と6速MTを移植しようと試みた際、寸法を測ってみると、なんと純正アクスルのままでもピタリと収まることが判明。天地高はともかく、少なくともドライブシャフトに関しては思いのほかハードルが低いことを実感したそうだ。

なお、換装にあたってはハスポートのエンジンスワップ専用マウント3点で支持。クロスメンバーはイノベーティブマウント製のトラクションバーキットに交換し、クリアランスの拡大と剛性の確保を両立した。

ドラッグレースも嗜むアレックスは、マッスルカーにインスピレーションを受け、換装後のV6エンジンには当初スーパーチャージャーを取り付けていた。エンジンルームから飛び出たV6スーパーチャージャーは、DA PUMPの『U.S.A.』ばりに分かりやすくアメリカ感が丸出しで、Wekfestサンノゼなど地元のカーショーでも評判となった。現在は仕様変更を行い、V8用のホーリー製EFIインテークマニホールドを6気筒に合わせてショート化し、スカンク2の90φスロットルボディと組み合わせた自然吸気としている。

その他、スピードファクトリーレーシングのラジエターは、コアサポート内側に隠すように装着するタックド処理を敢行。XSパワーのエキマニ、エアロモーティブの燃料レギュレーター、ファットフォーカスタム製ストラットバーも備える。

一方の足回りは、もともと4穴の114.3というPCD設定のため、ホイールの選択肢が少ないアコードクーペ。アレックスはプレリュードから5穴ハブを移植し、9.0J×17+22のエンケイRPF1を装着した。

フロントブレーキはキャリパーがアキュラRL、ローターが日産350Zと、純正流用術も活用。車高調は長期保存してあった別のクルマのトランクにたまたま入っていた、スタンスサスペンション製のFD3S用を加工して装着する。「けっこう高い商品みたいですけど、バネレートが自分のアコードクーペにちょうどよかったのでラッキーでした(笑)」とアレックス。前後ダブルウィッシュボーンのコントロールアームは、フロントがスカンク2製、リヤがファットフォーカスタム製に交換されている。

エクステリアは、フロントは日本仕様のヘッドライト、Gスクエアのグリル、グレッディのカーボンリップでドレスアップ。リヤは欧州仕様のトランクフードにSiR用スポイラーを取り付けている。ボディはBMW純正色のラグナセカブルーでペイント。マグナフロー製の2本出しマフラーは、V6モデルの純正マフラーに見た目が似ていることからチョイスした。

インテリアのメイキングも凄まじいレベルだ。メーターはS2000純正のデジタル式を流用。定番といえば定番だが、ちゃんと機能させるためにじっくり時間をかけて配線作業を実施している。スピードメーターと燃料計を働かせるKチューンド製コンバーターも使用した。いざとなったらアコードの純正メーターに戻せるようジャンパーハーネスも自作してあるという。

ステアリングはヴェルテックスで、シートにはランエボⅧ純正のレカロを装備。換装した6速MTはKチューンドのシフターで操作する。センターパネルには空燃比計とスーパーチャージャー装着時の名残であるブースト計がインストールされている。

「スーパーチャージャーほど過激ではないですが、信頼性は前よりアップしました。僕の究極の目標は、ショーカーでもあり、レースカーでもあり、ストリートカーでもある、すべてのコンビネーションを兼ね備えたクルマを作ることです。難しいことは分かっていますが、だからこそやり甲斐があります」

常識の壁を恐れないグラスルーツな魂と、日々の精進で鍛えた技術を武器に、アレックスはこれからも理想のアコードクーペを追求していく。

Photo:Akio HIRANO  Text:Hideo KOBAYASHI