ベッテル「期待していたほどの速さがなかった。予選までに自信を取り戻したい」:フェラーリ F1オーストラリアGP金曜

 2019年F1オーストラリアGPの金曜、フェラーリのセバスチャン・ベッテルはフリー走行1=2番手/2=5番手だった。

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル フリー走行1=2番手/2=5番手
 今日は楽しかった。望んでいたほど速さがなかったかもしれないし、本来の速さを発揮できなかったかもしれないが、まだ金曜だから今日のタイムは重要ではない。(最終戦の)12月1日になったら、3月15日にどれぐらい速かったかなんて、誰も覚えていないだろう。

 走る上で必要な自信が十分ではない。今日は難しい一日だった。皆がそうだっただろうけどね。でも僕らはまだ望んでいる状態ではない。ラップタイムというより、マシンのフィーリングやハンドリングの面で理想的ではないんだ。こういうバンピーなサーキットでは、リズムに乗って走れることが重要だけど、まだリズムをつかんでいない。

 明日はもっとうまくいくはずだよ。自信を持って乗れるようになれば、もっといいラップタイムを引き出すことができる。

 とてもいい要素もあったので、それをベースにしてさらに向上していくことができるだろう。すべてをうまくまとめて、明日をいい一日にすることが大切だ。夜は長いし、僕らのエンジニアたちは賢いから、心配はしていない。