レッドブル代表、0.8秒速いメルセデスは“印象的”と認めつつ、「決勝では強くないかも」

 レッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャン・ホーナーは、2019年F1オーストラリアGPの金曜プラクティスを終えた後、メルセデスの速さは「非常に印象的」と認めながらも、W10はドライバーが乗りこなすのが難しそうなマシンであり、決勝で楽に勝てるとは思えないとの考えを示した。

 FP2でメルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは1番手、2番手に並び、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは3番手に入ったものの、ハミルトンとのタイム差は0.8秒だった。

2019年F1第1戦オーストラリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2019年F1第1戦オーストラリアGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

「メルセデスのドライバーはふたりともFP2で非常に速いタイムを出した。フェラーリはテストの時に予想されたほどのパフォーマンスは見せていなかったように思う」とホーナーは語ったとFormula1.comが伝えた。

「我々のドライバーたちはいい走りをしていた。マックスはファストラップで渋滞に遭ったので、もっといいタイムを出すポテンシャルはあると思う。さらに、これからセットアップを変更していく予定だ。他のマシンがどういう燃料量で走っていたのかは分からないが、今日の結果は興味深い」

「ロングランでは我々は妥当なタイムを出していた。(FP2での)メルセデスの1ラップペースは非常に印象的ではあったが、あのマシンは走りづらそうだ。レースディスタンスにおいて速さを維持できるのかどうか、私には分からない」