スーパーフォーミュラ:オーバーテイクシステムは100秒の持ち時間制へ。2019年概要発表

 3月2日、鈴鹿サーキットで開催されている『モースポフェス2019 SUZUKA~モータースポーツファン感謝デー~』のなかで、全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)による2019年スーパーフォーミュラ開催概要発表が行われた。

 2019年シーズンはシャシーをSF14からSF19に変更し、“クイック&ライト”という走りのコンセプトをさらに進化させる。また外観ではコクピット保護デバイス“ヘイロー”の導入も大きなトピックスだ。

 今年のレースフォーマットは、予選はQ1~Q3の3回ノックアウト方式で行うが、Q2の出走台数が14台から12台と変更される。決勝レース距離について昨年、300キロと250キロレースが混在したが、2019年は全戦とも250キロ、90分のタイムキャップ制に統一された。

 また、オーバーテイクシステム(OTS)は、戦略の多様化とバトル回数の増加を促すために20秒×5回から上限100秒の時間制となることが決まった。100秒という時間枠のなかなら、使用回数に制限はなく、1度に使い切ることも、複数回に分けて使うこともできる。

 各ドライバーのOTS残時間はコクピット上部にあるランプの色で識別でき、残り100秒~20秒までは緑色、20秒を切ると赤色に点灯する。

 OTS使用中は点滅し、すべて使いきると消灯する。先行車両の防御としての使用を制限するため、1度作動すると100秒間は再度使用できないようインターバルが設けられ、その間はスロー点滅する。

 安全面でも強化を図り、ヘイローが導入されることにより、緊急時の救出スキルの向上と平準化を目的に、メディカルエクストリケーションアドバイザー(救急のスペシャリストとなるドクター)を全戦で配置するという。

 ヨコハマタイヤのワンメイクで2スペック制でレースをすることに変わりはないが、フロントタイヤがワイド化され、グリップ力が増している。

 2019年シーズンの各大会開催概要は、4月から月に1度レースが開催し、開幕戦鈴鹿、第2戦オートポリス、第3戦スポーツランドSUGO、第4戦富士スピードウェイ、第5戦ツインリンクもてぎ、第6戦岡山、最終戦鈴鹿の全7戦。開幕戦は4月19~21日に鈴鹿サーキットで開催する。