鈴鹿とル・マンが友好協定を締結。相互交流でモータースポーツの発展に寄与へ

 2月23日、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドと、二輪ル・マン24時間ロードレースを運営するACOフランス西部自動車クラブは共同でプレスリリースを発行し、ル・マンと鈴鹿サーキットに関する友好協定を締結したと発表した。

 三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットは、F1日本グランプリをはじめ二輪、四輪のさまざまなイベントを開催しているが、二輪で最も大きなイベントとして、“8耐”こと鈴鹿8時間耐久ロードレースが挙げられる。

 一方、四輪のル・マン24時間レースで有名なル・マンでは、四輪同様の人気を集める二輪のル・マン24時間ロードレースを開催。どちらもEWC世界耐久選手権の一戦となっている。そんな二輪ビッグイベントを開催するコース同士での友好協定締結だ。

 鈴鹿市とル・マン市は、1990年5月27日に友好協力協定を締結し、相互での交流やイベントを実施してきたが、相互の持つレーシングコース同士での友好協定締結により、鈴鹿8耐とル・マン24時間を友好レースとして位置づけることで、アジアとヨーロッパをモータースポーツでつなぎ、世界的なモータースポーツ文化の発展に寄与することを目的としているという。

 今回の取り組みにより、ル・マン24時間でのアジアトップチームには“鈴鹿アワード”が、鈴鹿8耐でのヨーロッパトップチームに“ル・マンアワード”がそれぞれ授与されるほか、双方のレースの現地生放送や交流イベント、施設内でのプロモーションは行われるほか、お互いのコースサイドに看板が設置される。

 また、双方のレースにおける観戦プランを作成したり、友好協力都市であるル・マン市と鈴鹿市、双方の代表団の相互交流および友好協力協定30周年(2020年)を祝う、地域と連携した交流とプロモーションなどを鈴鹿市とともに企画するとしている。

「本日、伝統のル・マン24時間耐久ロードレースの主催をはじめ、世界的にも類を見ないモータースポーツの歴史を有するフランス西部自動車クラブとの友好協定締結が実現し、とても嬉しく感じております」というのはモビリティランドの山下晋社長。

「この協定が鈴鹿8時間耐久ロードレースを開催する私どもにとっても、そして日本およびアジアのモータースポーツにとっても、大いに意義のあるものとなるよう、今後、ACOとの交流や協力を深め、さらなる発展に寄与して参ります」

 また、ACOのピエール・フィヨン会長は「本日締結した、この鈴鹿との友好協定は、我々サーキット間の価値ある関係の始まりを示している。私たちは耐久やスピード、安全性、そして二輪や四輪のレースなどにおいて共通することが多くあるが、それぞれ独自の個性を持っている」と語った。

「これまで我々の関係を築いてきたのは、我々のコースでレースを行う競技者だったが、この協定により、双方の組織は積極的に関係を強化しく。この素晴らしいトロフィーは、ル・マンと鈴鹿がともに追求しようとしている協力関係の最初の証だ」

ル・マン24時間ロードレースの様子
2018鈴鹿8時間耐久ロードレース スタートシーン
2018鈴鹿8時間耐久ロードレース スタートシーン