走る場所を選ばないBCNR33ストリートスペック! 心臓部はGTIII-RSタービンを軸にしたRB26改550馬力仕様

走る場所を選ばないBCNR33ストリートスペック! 心臓部はGTIII-RSタービンを軸にしたRB26改550馬力仕様

ステップアップを見越した老舗のRB26DETT改造術

ロングホイールベースを活かす! Vカム+GTIII-RSの全方位型チューン

第2世代GT-Rのなかでは最もホイールベースが長く、グランドツアラー的な要素が強いR33。

ここで紹介するのは、ステージを限定せずオールラウンドで楽しめる仕様を目指し、ステップアップを楽しみながらマシンを仕上げている最中というユーザーカーだ。

エンジン本体のRB26DETTはノーマルで、GTIII-RSタービンと可変バルタイシステム「Vカム」をセット。風量があるタービンなので、ワインディングなどではもう少し下が欲しいのがホンネだが、これはあくまで2.8L化へ向けたチューニングプロジェクトの途中段階にすぎない。排気量アップが実行されれば、全域ストレスなしの仕様に仕上がるというのも織り込み済みだ。

こういった将来を見越したチューニングプランを構築できるのも、20年以上にも及ぶRBチューンの実績やノウハウがある「リバース」だからこそ。

約550psに達するパワーを受け止める足回りも抜かりはなく、オリジナルのZEAL車高調&エンドレスキャリパーで武装。ドア周りのスポット増しなど、ポイントを押さえたチューニングも施される。

ミッションやデフはノーマルだが、GT-R用にオリジナルブレンドしたモティーズの高性能オイルを入れて、トラブル予防とフィーリングアップに繋げるている点も注目だ。

取材協力:リバース

スペック

エンジン:RB26DETT改(550ps/7600rpm) HKS GTIII-RSタービン(ブースト圧:1.2キロ)、Vカム、インタークーラー、フロントパイプ、F-CON Vプロ、EVC/トラスト マフラー、オイルクーラー/ARC ラジエター/オカダプロジェクト プラズマダイレクト/サード 860ccインジェクター/大容量燃料ポンプ/リバース オイルキャッチタンク

駆動系:エクセディ クラッチ

サスペンション:エンドレス ZEALファンクション車高調(F14kg/mm R12kg/mm)

ブレーキ:エンドレス ビッグキャリパー(F6ポット R4ポット)、大径ローター、MX72パッド

タイヤ:ポテンザRE-71R(295/30R18)

ホイール:レイズ ボルクレーシングCE28N(10.5J×18)

インテリア:ドアまわりスポット増し、MOMO ステアリング

ゆくゆくは2.8L化することを前提に風量に余裕があるGTIII-RSタービンを選択。現状は排気量が2.6Lのため若干上振りの特性だが、Vカムを入れている恩恵もあり街乗りでもストレスなく走れる。

プラズマダイレクトで点火系を強化。高回転の失火予防になるのはもちろん低速トルクも太くなるという。吸気系はニスモのサージタンクを入れるなどバランスよくチューニング。

エンジンマネージメントはF-CON Vプロ。Vカムも制御できるVer.4だ。エアフロレスのDジェトロ制御となっており、スムーズな吹け上がりを見せる。

ハイパワー化に伴いブレーキ回りも強化。エンドレスのビッグキャリパー&2ピースローターを組み込む。重量級のGT-Rで安心感のある走りを手に入れたいなら、ぜひ強化したいポイントだ。

車高は低めながらしっかりと足が動くようにセットアップ。ストリート仕様としては若干バネレートが高めだが、高速域でのバンプを柔らかめに味付けするなどして路面からの入力をいなしている。

Tuner’s VOICE

リバース 高久さん

「BCNR33はホイールベースが長く走りが安定していて、パワーアップしていっても安心してアクセルを踏み込んでいけますね。このマシンはパワー重視&ステップアップを見据えてGTIII-RSにしていますが、ストリートメインならGTIII-SSでも十分に楽しい仕様です。ちなみに、エキマニを太くすることで下も上も良くなるのでこれはポイントと言えます。ウチでは45φのオリジナルマニを用意していますので、ぜひ御検討ください」