待ってました! トムスからトヨタ・30系アルファード後期用のバンパーエアロがデビュー! オトナな仕上がりに注目

トヨタ車カスタムの名門が発信する
待望の新バンパー、まずはアルファードから!


TOM’S/ALPHARD


トムス/アルファード(30系後期)

ボディキットのみならず、チューニングやホイール、そしてエキゾーストと、クルマ1台をまるごとカスタムできる潤沢なパーツを揃えるトムスは、クルマをイジったことのあるユーザーなら誰もが知る超名門。新作のアルファード用エアロは、純正のキャラクターが活きるデザインを突き詰めた結果、フロントはバンパー、リアはハーフという組み合わせで落ち着いた意欲作だ。
そもそもトムスがバンパーを手掛けること自体、かなり珍しいこと。30系アルファード&ヴェルファイアのエアロパーツブランドでは完全に後発組であるトムスには、自己主張の強いデザインはある意味必須条件。新バンパーは、生まれるべくして生まれた結果といえる。
そんな新作の最大の見所は、俄然フロント。左右の大型ベゼルまわり、別体風のリップラインを持つ主軸のバンパーと、純正の真逆を往く横フィングリルが放つインパクトは強烈そのものだ。大胆な造型は、シャープなラインを駆使したサイドステップやディフューザー系のリアにもしっかりと継承されている。今春にはヴェルファイアも登場と、2019年の30アルヴェル界はトムスが来る!
全体のバランスを崩さないよう、純正に倣い左右にボリュームを持たせ大胆にデザインしたフロントバンパー。バンパー&グリルに用いた横フィンが、ワイド感を助長する。
効果歴然のバンパーだが、サイズ的には大きく変わらず。バンパーは純正グリルにも、グリルは純正バンパーにも対応。
横フィン基調で印象を刷新したグリル。ミリ波レーダーやフロントカメラなど、純正の安全系装備はすべて流用できる。
別体風にアレンジしたバンパー底部。両端をカナード風に立ち上げ、疾走感をアップ。彫り深いため、塗り分けも容易。
すべてをダクト化しないなど、メリハリを持たせたフォグベゼル。塗装済みはリップを含め、該当部がマットに。フォグは純正。
意外に目立つバンパーの側面部に、縦型のメッシュダクトをインストした。存在を強調させるべく、縁を若干盛り上げている。
ドアパネルとステップが一体化した大型形状のサイドは、純正ドア直付け構造のため、乗降時に踏み付ける心配がない。
リアはフロントから一転のハーフタイプ。フロントリップに倣うAラインと縦フィンを採り入れたスポーティ仕様だ。
斜めにオフセットした4本出しマフラーは、ステンレス、チタン、カーボンの3種類から選べる、エアロ専用モデル。
ホイールブランドとしても実績の高いトムス。TH02は極細スポークをWフェイス仕上げとした、ワイヤー風モデルだ。

SPECIFICATION

PARTS PRICE
フロントバンパースポイラー 12万円(23万5000円)
サイドステップ 9万円(14万円)
リアアンダースポイラー 5万円(9万円)
フロントグリル 6万5000円(11万円)
フロントバンパー用LED 2万5000円
マフラー/バレルマフラー 13万5000円〜17万円
ホイール/トムス・TH02(20×8.5+42) 5万円
タイヤ/グッドイヤー(245/40-20)

※( )内は塗装済み価格。

問:トムス 03-3704-6191
https://www.tomsracing.co.jp


スタイルワゴン2019年2月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]