ウイリアムズF1副代表、「私達にはF1での居場所がある」と語り低迷からの脱却とチーム存続を目指す

 名門ウイリアムズF1の2018年シーズンは悲惨なものだった。チームが獲得したのはたった7ポイントで、コンストラクターズ選手権では最下位に終わったのだ。

 チーム副代表のクレア・ウイリアムズは、チームの存続を確実にするだけでなく、家族のチームとして生き残ることを明言している。

「これは私の家族のチームですから、そこに多くの物事がかかっている。私がこの仕事に就いた理由のひとつは、このスポーツにおいて父だけでなく、母が残したものも守ること。それは私たちが大きな誇りを持つ遺産です。そうしたプレッシャーにもさらされているのです」と彼女はRacerに語った。

「それに私はこのチームの評判をとても気にかけている。私たちのもとで働く人たちのことも大いに気にかけているし、彼らが誇りを持つことができるチームにしたいと思う。そしてF1において、このチームを今後長年にわたって存続させたいと思っています」

「私はチームを信じているので、そのために戦い続ける。このチームにはF1に居場所があり、まだまだ大いに関わっていけると信じています。現在の順位に甘んじるべきではないのです」