【2019年版】今流行りのネオクラヘルメット!見た目は渋いけど中身は最新技術のヘルメット6選!

ここ数年、バイク用品業界でもネオクラブームが巻き起こってます。
特に動きがあるのがネオクラ仕様のヘルメット。

各メーカー以前のモデルを今の技術で復活させたり、アップグレードしたり、はたまた渋い感じのニューモデルを出したり…。

今回はそんなネオクラヘルメットを一挙ご紹介!

SHOEI EX-ZERO


¥38,000(税抜)
ネオクラヘルメットで世界的に注目を浴びているのがこのヘルメット。
80年代人気だったSHOEIのEXシリーズが元となっていて、ビンテージオフロードスタイルになってます。

この独特なフォルムや雰囲気もいいですが、凄いのはこのスタイルで色々機能が付いてるところ。

普段は隠れてますが、実はバルブシールド付き
ゴーグルでもゴーグル無しも使えます。

緊急用ヘルメット取り外しシステムや現代で最先端の安全性も考慮されているヘルメットなんです。
この手のヘルメットでいちばん有名なやつ!と言ったらまず最初に出てくるモデルでしょう。

Arai ラパイド・ネオ


¥46,000(税抜)
今までそんなイメージがなかったアライですが、つい先日ネオクラヘルメットを発表しました。

ただ他のネオクラヘルメットとは一味違い、80sテイスト全開なアライらしいデザイン。

普通雰囲気重視のヘルメットは性能がイマイチ、というものが多いですが、ラパイドネオはこの見た目でなんとベンチレーションまで装備

元々ラパイドというモデルがベースで雰囲気を味付けしたのがラパイドネオ。
保護性能などはまさに最新技術で作られています。

関連記事:【ネオクラ】Arai ラパイド・ネオは渋いけど新しい、デザインと機能の融合させた次世代おしゃれメット!

AGV LEGENDS X3000


¥54,000(税抜)
もっと渋さがほしい!という方におすすめしたいのがこのヘルメット。

70年代的なデザインに当時のグラフィック、色使いなどマニアからしたら大喜びなデザインですが、不思議とその次代を知らない僕らでも違和感なく惹きつけられるメットです。

カラーバリエーションが豊富なのも魅力。

デザインはシブめですが中身はもちろん最新の技術。
価格はちょっと高めですが、エアインテークもあるし、内装も取り外し可能など、まさに見た目だけ古い最新メットです!

BELL STARⅡ


¥34,000(税抜)
この特徴的なフォルムは誰もが一度は見たことあるはず。
ネオクラヘルメットが登場するまでは渋ヘルメットといえばBELLでした。

当時からほぼ変わっていないデザインですが、中身は進化しているのである意味、ネオクラヘルメットと言えるでしょう。

SIMPSON SB13


¥48,000(税抜)
ネオクラ、というよりは独特のデザインが印象的なシンプソン。
アメリカらしい大体なフォルムに、バイク用ヘルメットではまず見ないフェイス。

機能などは他に劣るかもしれませんが、ハマる人はドハマリするヘルメットです。

DAMMTRAX BLASTER-改


¥15,500(税抜)
手に取りやすい価格とデザインが魅力のダムトラックスからもネオクラ的ヘルメットが出てます。

ビンテージオフロードテイストのデザイン。
実は10年前からあるモデルで、今回内装やサイズなど改良が加えられ「改」となったわけです。

SRやTRなどのストリートバイクはもちろん、ネイキッドやネオクラなどどこかに限定せず幅広いバイクにマッチします!

ネオクラヘルメットは今後も増えていくでしょう。
海外メーカーなどからもかっこいいメットが出てますが、日本人は海外のヘルメットサイズとはちょっと違うので、どうせ買うなら日本メーカー、もしくは海外メーカーでもアジアンフィットモデルをおすすめします。

内装の形が合わないとだんだん頭痛くなってきますからね…。
アジアンフィットモデルはそこらへんを日本人仕様に調整されたモデルなんです。

今後も新しいネオクラヘルメットが出次第お伝えします!