「青」を題材とした職人たちのアート作品が集うイベントでひときわ輝く「AUTECHブルー」

●カルチャー発信地「T-SITE」で行われる前衛イベントを見逃すな

1月の東京オートサロンでもひときわ存在感をアピールしていましたが、このところオーテックジャパンが推しているのが、深みのあるブルーのカラーです。エクストレイルAUTECH、ノートe-POWER AUTECH、セレナAUTECHの市販モデル3台、そしてリーフのAUTECH Conceptに採用されていました。

エンブレム等に採用されている「AUTECHブルー」と名付けられたこの塗色には、AUTECHというブランドを語るうえで欠かせないバックストーリーがあります。企業として産声をあげた地である湘南という地域を象徴する、抜けるような青空と海の青。そして、カリスマエンジニアでありオーテックジャパンの創業者である桜井真一郎氏が初期のスペシャライズドモデルのバッジに採用していた青。これらヘリテージを内包しながら、日本古来から希少とされてきた青色の持つ「革新性」をも訴求するカラーなのです。

日本人には、古来から誇らしい表現力が備わっています。同じブルー(青)でも紺、藍、碧、空、瑠璃といったようにわずかな差異を感じ取り、美しい言葉と豊かな表現でその違いを楽しむ、といったことを伝統的に行ってた人種なのです。

そんな「日本の青」をテーマとしたクラフトマンシップあふれる作品を展示するイベントが、全国のT-SITEをキャラバンしながら行われています。これまで1月26日(土)から2月3日(日)まで神奈川県「湘南T-SITE」において開催され終了。2月9日(土)から2月17日(日)までは千葉県「柏の葉T-SITE」で開催、そして2月16日(土)から2月24日(日)までは広島県「広島T-SITE」にて開催される予定となっています。

ここでは2月16日(土)から2月24日(日)まで「広島T-SITE」にて開催予定の「日本の青 -craft blue- powered by AUTEC JAPAN」のイベント内容を紹介します。

見どころは、何といっても日本のアルチザン(職人集団)の代表作・最新作に触れ、その世界観を感じられることです。

まずはブルーといえばデニム、というわけで国産ジーンズメーカーの聖地、岡山・児島地区から参加しているのが「桃太郎ジーンズ」です。素材、織り、染め、裁断、縫製などすべての工程において純国産にこだわり抜いたプロダクトには、アパレルという枠を超えた職人魂を感じることができます。

そして「レザースタジオサード」の出展です。広島県福山市を拠点とする同社は、藍染めの技術を皮革に用いるという「福山レザー」を採用したウォレット等を展示しています。これまでの革製品で見たことのないような、レザーの可能性を広げるワザは、展示だけではなく2月16日(土)の11時から16時まで開催されるキーホルダーやブレスレット作成が体験できるワークショップでもその片りんが体験できます(有料)。

「ヤマト陶磁器」は、伝統の有田焼の、次世代に伝えていくべきコアバリューは守りながら、ブレークスルーに挑戦しているブランドです。絵師による自由闊達な表現が楽しめる作品展示になっています。

2月23日(土)から24日(日)には、イベント開催地の地元・広島在住の陶芸作家、出嶋正樹さんの作品の特別展示も行われます。伝統の益子焼と、出嶋さんがイギリスで学んだ窯焼きの製法が融合した芸術作品を、間近で手にできる貴重な機会となります。

また、ながめるだけでは満足できない、という方には2月19日(火)の15時からはキッチンスペースにおいて「鰆(さわら)の黄身焼き」が提供されます。こちらもしっかり、お皿やランチョンマットに青をあしらいイベントのテーマを踏襲しています。シンプルな調理法で供される瀬戸内を代表するお魚、間違いなく美味しいはずです。

気軽に参加できるイベントとしては2月23日(土)と24日(日)の各日14時から16時まではDIYで石けん作り体験の場も用意されています(有料)。ラベンダーとグレープフルーツどちらかの香りも付けられるので、クローゼットに忍ばせたりとアロマ的な使い方もいいですね。

 

そのほか、湘南T-SITEでの開催時は青にまつわるタイトルの書籍の販売や、青いボトルに入ったワインの試飲販売も行われていたようなので、広島T-SITEでも、きっと面白いポップアップショップが展開されることでしょう。

こうした「ブルー」という共通のテーマに貫かれた多様な作品とともに展示されているのが「AUTECHブルー」をまとったAUTECHブランドのクルマたちです。広島T-SITEの2号館の2階、そして1階のプロムナードにはエクストレイルAUTECH、ノートe-POWER AUTECH SPORTS SPEC、セレナAUTECH SPORTS SPECの3台が展示されていますが、このイベントを訪れた人にうれしいキャンペーンが開催されているのいを見逃してはいけません。

それが「AUTECH目撃キャンペーン“青いエンブレムのAUTECHを探せ!”」という魅力的なキャンペーンです。何とAmazonギフト券1000円分が300名様に、そしてさらにグランプリ賞としてAmazonギフト券10万円分が1名様へ当たるうれしいキャンペーンです。

エントリーはカンタン、AUTECHの青いエンブレムのクルマの写真を撮ってSNSに投稿するだけです。応募にあたっては日産車オーナーでなければならないというシバリはないので、気軽にクルマの写真を撮って送信するだけです。

手順としては、まずは投稿する先のオーテックSNSの3つの公式アカウント、 Instagram Twitter Facebook をフォローし、そのアカウントへハッシュタグを頭に付けて「#AUTECBLUE」を付けて投稿します。その際かならず、投稿した場所についてのコメントを加えることを忘れずに。また、アカウントが非公開の場合は対象にならないので、設定を確認しておきましょう。

計3回の締切日が設けられ、各回100名に1000円分のギフト券が当たるスケジュールとなっています。すでに第1回は1月20日にて終了、第2回の締切は2月17日(日)、第3回は3月17日(日)です。まだ200名(とグランプリ1名)の枠が残っている(2月10日現在)ので、ぜひ投稿してみてはいかがでしょうか(ただし複数回の投稿は1投稿とカウントされます)。当選に関しては、厳正なる抽選を経て、ダイレクトメッセージにて当選の連絡があるそうなので、投稿後はわくわくしながら待ちましょう。

「日本の青 powered by AUTEC JAPAN」開催地のお近くにお住まいなら、イベントにお出掛けすれば確実にAUTECH車両の写真はゲットできますが、日産ホームページの試乗車・展示車検索で「AUTECH」車両だけを抽出して探すこともできるので、最寄りの販売店にAUTECH車両が見つかったなら、さっそく出掛けてみましょう。

おりしもT-SITEでおなじみのオーナーズミーティング「モーニングクルーズ」では、このイベントに合わせた面白いレギュレーションが設けられています。そのテーマとは「青い車」。もちろん車種・メーカー・年式は問いません。2月24日の9時から11時まで開催される今回のモーニングクルーズ、場所は広島T-SITEが属する複合モール「LECT」の屋上駐車場です。ブルーのボディカラーで埋まる駐車場の壮観な光景をぜひ見てみたいものです。青いカラーを愛するオーナーさんですから、ミーティング参加後にイベントを一巡したらぜひ「AUTECH目撃キャンペーン“青いエンブレムのAUTECHを探せ!”」にもエントリーしてみましょう。

また、今回のイベントに関しては展示だけでなく、試乗も可能なのもポイントです。「LECT」の屋上駐車場では、会期中の週末である2月16日(土)と2月17日(日)、2月23日(土)と2月24日(日)の4日間、10時〜16時まで試乗会が開催されています。美しいボディカラーをたっぷりとながめた後は、自動車の場合は「乗ってナンボ」。市街地走行とはいかないまでも、ノートe-POWER AUTECH SPORTS SPEC、セレナAUTECH SPORTS SPECの鍛え上げられたボディは短い試乗でもきっと体感できるはずです。

新作のエクストレイルAUTECHをはじめ、内装マテリアルを選べる「プレミアムパーソナライゼーションプログラム」の出来についてもじっくりと見て触れることができます。職人によるハンドメイドで仕立てられる内装にきっと興味がわいたなら、現場の担当スタッフさんにどしどし質問してみましょう。

(文/kaizee・写真/前田恵介ほか ※写真は湘南T-SITEでのものも含まれます)