ニッサン/ニスモ、2019年もGT3をはじめカスタマーレーシング活動を展開

 日産自動車/ニスモは2月9日、神奈川県横浜市の日産グローバル本社ギャラリー内のホールで2019年モータースポーツ活動計画発表会を行い、カスタマーレーシングGT3プログラムについて発表した。今季もニッサンGT-RニスモGT3でさまざまなレースに挑戦するほか、エンジン供給などの活動を行う。

 日本車初のGT3カーとして、世界各国で華々しい成績を残してきたニッサンGT-RニスモGT3は、今季もカスタマーレーシングプログラムとして、さまざまなカテゴリーに参戦することになった。

 国内では、既報のとおりスーパーGT GT300クラスに、GT3オフィシャルパートナーチームであるGAINERから2台、KONDO RACINGから1台の2018年モデルが参戦する。また、TOMEI SPORTSと新規参戦のX WORKSが18年モデルで、NILZZ Racingが15年モデルで参戦と、合計6台がそろうことになった。

 なおスーパーGTでは、NILZZ Racingの車名が『植毛 GO&FUN GT-R』として田中勝輝と飯田太陽がドライブ、TOMEI SPORTSは『RUNUP RIVAUX GT-R』と18年と同じ車名で、田中篤がドライバーとして決まっている。

 またピレリスーパー耐久シリーズではST-XクラスにGTNET MOTOR SPORTSとMP Racingの2台が参戦する。GTNET MOTOR SPORTSは浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗というチャンピオントリオが、MP RacingはJoe Shindo、柴田優作のドライブが発表された。

 一方海外では、すでにオーストラリアのバサーストで第1戦が行われたインターコンチネンタルGTチャレンジに、KCMGが2台のニッサンGT-RニスモGT3を投入。ここには千代勝正が全戦、そしてスーパーGTと重複していないラウンドには松田次生が参戦する。

 さらにニュルブルクリンク24時間には、すでに発表されているとおりKONDO RACINGが松田次生/高星明誠/藤井誠暢/トム・コロネルというトリオで参戦するが、これに加えてKCMGの2台の参戦が決定。エドアルド・リベラティ/ジョシュ・バードン/フィリップ・ウラジックの3名が決まっている。

 ニッサン/ニスモでは、プロトタイプカー向けのエンジン供給も継続。北米のIMSAウェザーテックスポーツカー選手権では、コア・オートスポーツにVR38エンジンを供給するほか、世界各国で争われるLMP3カー向けにVK50エンジンを供給する。また、スーパー耐久ST-3クラスのフェアレディZへの技術支援、グラスルーツ支援なども継続する。

ニュルブルクリンク24時間に挑むKONDO RACINGの近藤真彦監督、松田次生、高星明誠、藤井誠暢
コア・オートスポーツが公開した54号車ニッサンDPiの2019年カラーリングイメージ
コア・オートスポーツが公開した54号車ニッサンDPiの2019年カラーリングイメージ
初参戦のリキモリ・バサースト12時間で7位入賞を果たしたKCMGの18号車ニッサンGT-RニスモGT3
初参戦のリキモリ・バサースト12時間で7位入賞を果たしたKCMGの18号車ニッサンGT-RニスモGT3
2019年のスーパーGT300クラスにGAINERから参戦する4名のドライバーたち
2019年のスーパーGT300クラスにGAINERから参戦する4名のドライバーたち
2019年からスーパーGT300クラスに参戦するKONDO Racing。ドライバーは平峰一貴とサッシャ・フェネストラズ(イベントは欠席)のふたりだ
2019年からスーパーGT300クラスに参戦するKONDO Racing。ドライバーは平峰一貴とサッシャ・フェネストラズ(イベントは欠席)のふたりだ
KCMGからインターコンチネンタルGTチャレンジに参戦する松田次生と千代勝正