スーパーGT:LM corsaが2019年の参戦体制を発表。吉本&宮田のコンビ継続もDLにスイッチ

 2月9日、大阪府のインテックス大阪で開催されている大阪オートメッセの会場で、スーパーGT GT300クラスに参戦するLM corsaは、2019年の参戦体制を発表した。今季は吉本大樹と宮田莉朋のコンビは継続となる一方、ダンロップタイヤにスイッチすることになった。

 大阪トヨペットのモータースポーツ活動として2014年からスーパーGTに参戦を続けているLM corsaは、2015年からレクサスRC F GT3にスイッチ。17年からは新型を投入し、2018年は第4戦タイでレクサスにスイッチしてから初となる表彰台を獲得した。

2019年はダンロップタイヤを履くSYNTIUM LMcorsa RC F GT3
2019年はダンロップタイヤを履くSYNTIUM LMcorsa RC F GT3

 2019年に向けては、エースとしてチームを牽引する吉本、そして速さをみせる若手の宮田のコンビは継続。どちらも速さ、うまさともにGT300でもトップクラスにあり、継続は納得と言える。そして驚きとなったのはタイヤ銘柄の変更。チームはこれまでGT300参戦以降長年ヨコハマを履いてきたが、今季からダンロップにスイッチする。

「今年もいよいよ体制発表をしてLM corsaがスタートします。86/BRZ Race、スーパーGT、FIA-F4とOTG Motorsportsもますます力をつけて強いチームになっています。皆さんの応援でもっともっと良い結果と良いチームになっていきたいと思いますので、今年もよろしくお願いいたします」と飯田章監督がチームについてコメントする。

スーパーGT GT300クラスに参戦するLM corsaの宮田莉朋(左)、吉本大樹(中)、飯田章監督(右)
スーパーGT GT300クラスに参戦するLM corsaの宮田莉朋(左)、吉本大樹(中)、飯田章監督(右)

 チーム、そしてドライバーふたりが目指すのは、当然レクサスRC F GT3での初勝利、そしてチャンピオン争いだ。吉本は「今シーズンは必ず勝てると確信しています」と意気込みを語る。

「これまでヨコハマタイヤを履き一生懸命頑張ってきたのですが、今年はダンロップタイヤにスイッチします。また新たなゼロからのスタートとなりますが、莉朋とチームとともに頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」

 一方、チーム2年目となる宮田は「今シーズンも2年目としてLM corsaから参戦することになりました。去年表彰台にはあがったのですが優勝できなかったので、優勝してシリーズチャンピオンを獲ることを目標に頑張ります」と語った。なお今季、宮田はOTG Motorsportsから86/BRZ Raceにも参戦することになり、全日本F3選手権をはじめ多忙な日々を送ることになる。

 すでに1月の富士テスト、そして岡山テストでもダンロップを履き走行しているLM corsaのレクサスRC F GT3。開幕までにうまくマッチングを進めることができれば、目標に到達するポテンシャルは十分にあるだけに、今季の注目チームと言えそうだ。

 また、86/BRZ Raceに服部尚貴と菅波冬悟、元プロ野球選手の山崎武司が参戦し、菅波はFIA-F4選手権に継続して参戦することも発表。最後には、LM corsaとOTGモータースポーツのレース活動に華を添えるレースクイーンも登場した。

ブースには『OTG DL F4CHALLENGE』と『SYNTIUM LMcorsa RC F GT3』が展示
ブースには『OTG DL F4CHALLENGE』と『SYNTIUM LMcorsa RC F GT3』が展示
LM corsaとOTGモータースポーツのレースクイーンも発表された。
LM corsaとOTGモータースポーツのレースクイーンも発表された。