「極端で、くだらないやり方の燃料節約はばかげている」とマグヌッセン。燃料使用量の増加はプラスに働くか

 ハースのケビン・マグヌッセンは、レース中に燃料を大幅に節約しなければならないことに不満を抱えており、この状況が変わることを願っていると話した。 

 2019年にドライバーひとりがレース中に使える燃料の最大量は、105kgから110kgに増加する。これによりドライバーは燃料を節約するのではなく、レース全体を通して全力で走行することができるはずだ。

 その一方で、エンジニアはマシン重量を増やすことに非常に慎重なので、少ない燃料積載量でマシンをレースに送り出すかもしれない。つまり、ドライバーはまたも燃料を節約しなければならないことになる。

「燃料を大きく節約しなければならないことに、最も苛立ちを感じている」とマグヌッセンは語った。

「(節約する量が)少しならいい。F1では常に燃料を少し節約するものだ。2018年にも何度か燃料を節約しなければならないことがあったけれど、そのやり方はまるで冗談なのかと思うほど酷いものだった」

 だがマグヌッセンは、ピレリが2019年シーズンにより耐久性の高いタイヤを供給することには満足している。

「(2018年の)メキシコGPでは、タイヤが役に立たなかった」

「僕たちはレースで、新品タイヤを装着して出せるタイムよりも8秒も遅かった。そのことについてもとても不満を感じたよ。2019年は、レースにならないような、こうした極端な展開にならないことを願っている」

「僕たちが何度かやらなければならなかった、極端でくだらないやり方は、それが燃料であれタイヤであれ、少しばかげている。この状況が変わることを期待している」