MotoGPセパン公式テスト最終日ドゥカティ勢がトップ4席巻し3日間総合制す。新フェアリングも登場

 2月6日からスタートした2019年初のMotoGPクラス公式テストが、8日、最終日を迎えた。トップタイムはペトルッチがマーク。総合結果としても、トップ4までドゥカティ勢が制する結果となった。また、ドゥカティが新しいフェアリングを登場させるなど、各メーカーの新型フェアリングによるテストも行われた。

 3日目となったMotoGPクラスのセパンテストは、初日、2日目はコース上に姿を現さなかったブラッドリー・スミスが加わり、タイミングモニター上に表示されている28台すべてが走行を実施した。路面コンディションは終日、ドライだったようだ。

 開始早々のタイムアタックでトップに立ったのは、ダニロ・ペトルッチ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)で、1分58秒239をマーク。2018年のセパンテストでホルヘ・ロレンソ(当時ドゥカティ・チーム)が記録した非公式タイム、1分58秒830を0.5秒以上も更新した。ペトルッチはその後クラッシュを喫したが、大きなダメージは負わなかったようだ。

セパンテストで2番手につけたバニャイア。もちろん、ルーキー勢トップ
セパンテストで2番手につけたバニャイア。もちろん、ルーキー勢トップ

 このペトルッチに続き2番手につけたのがMotoGPクラスルーキー、フランセスコ・バニャイア(アルマ・プラマック・レーシング)で、バニャイアは1分58秒302を記録して前日の自己ベストから1秒5以上縮めている。

 テスト開始から1時間を経過したころには、ペトルッチ、バニャイア、3番手にジャック・ミラー(アルマ・プラマック・レーシング)、4番手にアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ミッション・ウィノウ・ドゥカティ)がつけ、トップ4をドゥカティ勢が独占。5番手に、2日目トップタイムだったマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が続いた。

ドゥカティの新しいフェアリングを試すドヴィツィオーゾ
ドゥカティの新しいフェアリングを試すドヴィツィオーゾ
お目見えしたヤマハの空力カウル。細いフェアリングが2本伸びている
お目見えしたヤマハの空力カウル。細いフェアリングが2本伸びている

 ドゥカティはこの最終日、新たなフェアリングを投入。マシンの前部分を黒いカウルに包んだデスモセディチGPは、両サイドに空気をとおす形状を持つ3つのウイングが取り付けられていた。また、ホンダ、ヤマハ陣営も新しい空力カウルで走行を行ったようだ。

 最終日のセパンテストは、序盤以降は上位陣に目立ったタイムの更新はなく、それぞれがテスト項目やレースを想定したロングランに取り組んだ。

 初日トップタイムをマークしたマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、最終的に11番手どまり。周回数も39周と少なめで、現地からの情報によれば早めに走行を切り上げたということだ。マルケスは2日目終了後、左肩の状態悪化を語っていた。

 また、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は3日間とおしてタイムを更新していき、最終日は1分59秒148をマーク。前日よりも0.5秒以上タイムを短縮し、3日間すべてトップ10圏内でテストを終えている。

 3日間総合としてはペトルッチ、バニャイア、ミラー、ドヴィツィオーゾのトップ4に、ビニャーレスが5番手に続き、最終的にドゥカティ勢が席巻する結果となった。初日、2日目と2番手をキープしていたチーム・スズキ・エクスターのアレックス・リンスは3日目、総合ともに12番手でセパンテストを締めくくった。

 次回MotoGPクラスの公式テストは2月23~25日、カタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われる予定だ。

 以下、MotoGPセパンオフィシャルテスト3日間総合のタイム結果。

■MotoGPセパンオフィシャルテスト3日間総合タイム結果

Pos. No. Rider Team Motorcycle Time In Session
1 9 D.ペトルッチ ミッション・ウィノウ・ドゥカティ ドゥカティ 1’58.239 Session 3
2 63 F.バニャイア アルマ・プラマック・レーシング ドゥカティ 1’58.302 Session 3
3 43 J.ミラー アルマ・プラマック・レーシング ドゥカティ 1’58.366 Session 3
4 4 A.ドヴィツィオーゾ ミッション・ウィノウ・ドゥカティ ドゥカティ 1’58.538 Session 3
5 12 M.ビニャーレス モンスターエナジー・ヤマハMotoGP ヤマハ 1’58.644 Session 3
6 35 C.クラッチロー LCRホンダ・カストロール ホンダ 1’58.780 Session 3
7 41 A.エスパルガロ アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ アプリリア 1’59.022 Session 3
8 21 F.モルビデリ ペトロナス・ヤマハSRT ヤマハ 1’59.141 Session 3
9 30 中上貴晶 LCRホンダ・イデミツ ホンダ 1’59.148 Session 3
10 46 V.ロッシ モンスターエナジー・ヤマハMotoGP ヤマハ 1’59.155 Session 3
11 93 M.マルケス レプソル・ホンダ・チーム ホンダ 1’59.170 Session 3
12 42 A.リンス チーム・スズキ・エクスター スズキ 1’59.180 Session 3
13 6 S.ブラドル ホンダ・テスト・チーム ホンダ 1’59.368 Session 3
14 53 T.ラバット レアーレ・アビンティア・レーシング ドゥカティ 1’59.485 Session 3
15 36 J.ミル チーム・スズキ・エクスター スズキ 1’59.486 Session 3
16 20 F.クラルタラロ ペトロナス・ヤマハSRT ヤマハ 1’59.497 Session 3
17 5 J.ザルコ レッドブルKTMファクトリー・レーシング KTM 1’59.640 Session 3
18 44 P.エスパルガロ レッドブルKTMファクトリー・レーシング KTM 1’59.751 Session 3
19 88 M.オリベイラ レッドブルKTMテック3 KTM 1’59.949 Session 3
20 17 K.アブラハム レアーレ・アビンティア・レーシング ドゥカティ 2’00.378 Session 3
21 29 A.イアンノーネ アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ アプリリア 2’00.510 Session 2
22 66 M.カリオ レッドブルKTMファクトリー・レーシング・テストチーム KTM 2’00.523 Session 2
23 55 H.シャーリン レッドブルKTMテック3 KTM 2’00.766 Session 3
24 31 ヤマハ・テスト1 ヤマハ・テスト・チーム ヤマハ 2’00.965 Session 1
25 50 S.ギュントーリ スズキ・テスト・チーム スズキ 2’00.990 Session 3
26 38 B.スミス アプリリア・ファクトリー・レーシング アプリリア 2’00.995 Session 3
27 32 ヤマハ・テスト2 ヤマハ・テスト・チーム ヤマハ 2’01.243 Session 3
28 85 津田拓也 スズキ・テスト・チーム スズキ 2’03.276 Session 2