レンドローバー ディスカバリー改良型プロトタイプ、ヘッドライトも点灯!

●ディスカバリー スポーツ初の改良型は大幅なテコ入れ

ランドローバーのクロスオーバーSUV、「ディスカバリー スポーツ」初の改良型プロトタイプをカメラが捉えました。

現行モデルは「フリーランダー2」の後継モデルとして2015年にデビューし、同ブランドの最小SUVとしてベストセラーに輝いています。2019年内にも登場すると見られるこの改良型では、かなり大胆なテコ入れがなされそうです。

キャッチした開発車両は、前後をパネルでカモフラージュしていますが、薄型の新ヘッドライトの一部が露出し、LEDが光を放っています。またラジエーターグリルの下には新たにエアインテークが設置されており、リアエンドではコーナーに丸みをもつ新しいテールライトの一部も確認できるほか、ディフューザーを備えるバンパーもリフレッシュされているようです。

パワートレインでは、電動モデルが強化されます。1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドを頂点に、マイルドハイブリッドモデルが下位にラインアップされます。

キャビン内では「ヴェラール」から継承されるデュアルスクリーンの採用が期待できそうで、コックピットも大きな変化が見られそうです。

「ディスカバリースポーツ」は、2022年にも次期型が登場すると予想されており、新世代プラットフォーム「PTA」の採用が見込まれています。そのため、改良型では既存の「D8」アーキテクチャ最新バージョンが採用されるはずです。

ワールドプレミアは、2019年秋以降が予想されます。

(APOLLO)