ソルベルク仕様のGRBと新井敏弘フルレプリカ仕様のVAB! ラリーレプリカの奥深き世界

ソルベルク仕様のGRBと新井敏弘フルレプリカ仕様のVAB! ラリーレプリカの奥深き世界

新井敏弘レプリカを追求してVAB左ハンドル仕様を海外から取り寄せ!

ブレーキやドアミラーなど細部にまでこだわる

WRカーをモチーフとした高品質なエアロパーツを数多く手掛ける「ラ・アンスポーツ」。世界中から引き合いがくるほど完成度が高いそのデザインは、多くのファンを魅了してきた。カーボンパーツも数多くリリースし、レーシングムードが溢れる1台へと昇華させられると好評を博している。

ここでクローズアップする2台は、そんな同社のアイテムでスタイルアップしたオーナーカー。とくに、手前は新井敏弘選手が駆るWRX STIの全日本ラリー車を意識して、実際の新井選手のマシンと同じように左ハンドル仕様をわざわざ海外から取り寄せて製作したという珍しいチューンドだ。

オーナーは新井敏弘選手の大ファンで同氏がドライブする全日本ラリー車と同じ仕様を目指した。それにしても、わざわざ海外から左ハンドル仕様を取り寄せる情熱には素直に感服だ。また、コクピットもレカロのバケットシートやMOMOステアリング、カーボンのコンソールパネルなどでレーシーに仕立て上げられている。

エクステリアはご覧の通りライトスポットを軸に構築。ラ・アンスポーツオリジナルのエアロスクープなどのカーボンアイテムを取り入れてドレスアップし、チームARAIのカーボン4灯ライトポットが抜群の存在感だ。こちらはインタークーラーダクトへの影響がないデザインとなる。ちなみに、インストールされるのはIPFのライトで985RDと900RSをセットする。

ホイールはワークM.C.OタイプCS。これに横浜ゴムのラリー用タイヤを組み合わせる。タイヤサイズは205/65-15。ラリーカーならではの小径タイヤが逆に新鮮だ。

さらに、見ためばかりではなく15インチホイールに収まるブレーキは、グループN用のVOホモロゲーションを取得しているグラベルラリー用「エンドレス製モノブロック4ポットキャリパー」を装着。それに併せて、リヤのSTIキャリパーも同色系カラーにペイントして前後の統一感を高めるなど、とても手に込んだカスタマイズを施しているのだ。

もう1台のGRBも圧巻だ。2008年のWRC(ペター・ソルベルグ)仕様というこちらのマシンもライトポットや大型リヤスポイラー、マッドフラップなどでWRカームードを引き上げる。エアロパーツはもちろん、特徴的なドアミラーもラ・アンスポーツのオリジナル。ボディ全体に入れられたチームスバルのデカールも雰囲気満点。前置きインタークーラー仕様&ボンネットダクトレスとしているのも、当時のWRカースタイルを忠実に再現したいからというから恐れ入る。

2台ともここまでやるのは、ラリーカーへの憧れと情熱があってこそ。そんなユーザーの思いを具現化してくれるのがラ・アンスポーツなのである。

もちろんレプリカ仕様の製作のみならず、一般的なストリート系ドレスアップも大歓迎。小物系パーツやカーボンアイテムなど、その一部だけでも愛車に取り入れてみるのもおもしろそうだ。

取材協力:ラ・アンスポーツ

 

ラ・アンスポーツ特選オリジナルパーツ紹介!

VABなどに対応するカーボンルーフシェル(WRX STI用=5万8000円、レヴォーグ用=6万8000円)。純正の屋根の上に被せて両面テープで貼り込むだけでイメチェンできる。カーボン目も美しい。

カーボンミラーカバー(2万9800円)も用意。こちらも被せて貼るだけの手軽さだ。サイドビューにアクセントをプラスしたい人にピッタリのアイテムといえる。

カーボンのドアバイザー(4万9800円)やエアロスクープ(4万円)もラインアップ。こうしたアイテムを取り入れるだけで差が付く。ワンポイントのドレスアップの最適だ。

GDB(C〜E型)用のグレッディ前置きインタークーラーキット(15万8000円)は3台分限定の復刻版となる。その装着にも必要なエアインクス・エアクリーナーキットも用意。GDA/GDB用で価格は1万6800円。こちらは30台分の復刻仕様だ。ちなみに前置きインタークーラーはVABも開発中。