モンツァ、F1イタリアGPの契約更新を望むも高額な費用に難色。「州の補助金なしでは開催できない」

 イタリア自動車クラブ(ACI)の会長を務めるアンジェロ・スティッキ・ダミアーニは、モンツァでのF1イタリアGPの開催契約更新には程遠く、サーキット側とF1による議論の中心はコスト面だと明かした。

 現在のイタリアGP開催契約は、前F1最高責任者のバーニー・エクレストンが率いていたフォーミュラワン・グループとの間で締結されたものであり、2019年の開催をもってこの契約は満了となる。

 契約更新に向けた話し合いは続けられているものの、モンツァ側は非常に高額な開催費用を下げずに新しい契約を結ぶことには消極的だ。

 スティッキ・ダミアーニ会長は、イタリアのメディア『Corriere della Sera』に対し、次のように語った。

「契約更新は程遠いが、全ての利益にかなう解決策は見つかるはずだ」

「モンツァはF1開催を熱望している。F1にとっても、モンツァをカレンダーに残すことは重要だ」

「2019年の開催に向けて、我々は2400万ドル(約26億1112万円)という極めて高額な費用を支払う予定だ」

「我々はグランプリ開催を続けたい。しかし経済的に維持できる枠組みの中でのことだ、ACIの予算でリスクを負うことはできない」

 また『Corriere della Sera』によると、F1オーナーのリバティ・メディアは、1億2250万ユーロ(約152億6390万円)で2020年から2024年までの5年契約を締結しようと試みているが、この案はACIの考える範囲を超えているという。

 スティッキ・ダミアーニ会長は、ベトナムなどの今後カレンダーに追加される新しいグランプリについて、開催契約を締結する準備が整っていると考えている。またイタリアGPは、サーキットのあるロンバルディ州からの補助金にも左右されるといい、この補助金がなければ“モンツァとACIだけでイタリアGPを開催することはできないだろう”という。

 モンツァは、グランプリを開催する16のプロモーターによって構成されているフォーミュラワン・プロモーターズ・アソシエーション(FOPA)のメンバーである。FOPAは今週、リバティによる新規グランプリの契約方針などを批判する声明を発表したばかりだ。

 だがF1のCEOであるチェイス・キャリーは、グランプリの数が増えることはF1の歴史的なルーツに不利益をもたらすことはないだろうと過去に主張している。

 なおモンツァ以外にも、イギリスGPを開催するシルバーストン・サーキットも契約更新に向けて交渉中だ。