ホンダ、アルゼンチンのツーリングカー『STC2000』参戦チームをワークスサポート。フル参戦へ

 ホンダはアルゼンチン国内の人気ツーリングカー・シリーズ、“スーパーTC2000”に参戦するRAMレーシングに対し、ファクトリーバックアップを約束しワークスチームに指定。2018年のブエノスアイレス200kmに、エステバン・グエリエリを擁してテスト参戦した『ホンダ・シビックSTC2000』をサポートし、2019年シーズンにフル参戦することを決めた。

 ここ近年のSTC2000では、エスクーデリア・フェラby RAMレーシングとして『フォード・フォーカス3セダン』を投入し、プライベーターとして活動してきた同チームは、かつて別カテゴリーのTC2000でファクトリーバックアップのホンダチームも運営していた。

 その時代にホセ-マリア・ロペスとともにタイトルも獲得しているチーム代表のヴィクトール・ロッシは、ふたたびホンダブランドのマシンでシリーズにフル参戦する機会が巡ってきたことを「とても誇りに思う」と述べた。

「我々はTC2000シリーズでホンダとともに4つのタイトルを獲得し、80以上の勝利を飾ってきた。そのパートナーシップをスーパーTC2000で再現できることを本当に光栄に感じている」

 アルゼンチン国内のツーリングカーにファクトリーチームとして参戦していたホンダは、2013年を最後にシリーズでのワークス活動から撤退。タイミングを前後して、2012年からは日本のスズキが誇る2輪スーパースポーツ『隼』のエンジンをベースとしたラディカル製V8が導入され、チャンピオンシップはSTC2000とTC2000に分裂した形で運営されてきた。

2018年のブエノスアイレス200kmで、エステバン・グエリエリ/サンティアゴ・マロ組でデビューを飾った
不等管長インテークなどを備えたラディカル製の2700ccV型8気筒を搭載するSTC2000車両
RAMレーシングは2017年までSTC2000に『フォード・フォーカス3セダン』を投入していた

 その選手権の歴史的変遷のなか、ホンダ・シビックとして最後のシリーズタイトルは2014年にRAMレーシングがファクンド-デラ・モッタとともにプライベーターとして獲得したものとなる。

 来るシーズンに向け、チームは4台の『ホンダ・シビックSTC2000』の投入を決定。リードドライバーには昨季のブエノスアイレス200kmでグエリエリとともにマシンをドライブしたサンティアゴ・マロを起用し、2台目にはチーム代表の子息であるフアン-アンヘル・ロッシがシートに座ることがアナウンスされた。

 残る2台のドライバーはまだ未定で近日中の発表を予定しているものの、過去3シーズンをシボレーのワークスチームで過ごし『YPFクルーズ』をドライブしたマヌエル・マロや、その兄であるサンティアゴ・マロ、そしてこちらもワークスのシトロエン・トタル・スーパーTC2000チームに所属するホセ-マヌエル・ウルセラが移籍候補として噂されており、残念ながらグエリエリのレギュラー起用の可能性は低いとみられている。

 一方、2018年もチャンピオンに輝きシリーズ連覇を果たしたルノースポールは、30歳の王者ファクンド・アルドゥソと、そのチームメイトとタイトル争いも演じ、ときにアシスト役として活躍したリオネル・ペーニャの残留を発表。タイトル防衛に向け2台のドライバーを継続起用するとともに、残る2台のドライバーを入れ替える計画を明らかにしている。

ホンダ現地法人のファクトリーバックアップを受け、ワークスチームとしてSTC2000復帰が決まった
フル参戦初年度のレギュラーには、サンティアゴ・マロとフアン-アンヘル・ロッシの2名が確定した
昨季のテスト参戦でレースデビューを担当したエステバン・グエリエリには、長距離戦のゲストドライバー起用の道が残される