「マクラーレン720S GT3」、スーパーGTとスーパー耐久に参戦!

「マクラーレン720S GT3」、スーパーGTとスーパー耐久に参戦!

McLaren 720S GT3

マクラーレン720S GT3

チーム郷、再びマクラーレンでGTレースへ。

マクラーレン・ オートモーティブが今シーズンから本格投入する「720S GT3」が日本の複数の選手権に初参戦する。今回、「マクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパン」のエントラント名での参戦となり、2台のマシンが、それぞれ「スーパーGT」と「スーパー耐久」への参戦が決定した。また、2019年に開催される「インターコンチネンタルGTチャレンジ(IGTC)」第4戦鈴鹿10時間耐久レースには、2台体制でエントリーする。

「マクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパン」のチーム代表を務めるのは、過去マクラーレンと共にレース参戦した実績が豊富な郷和道。「マクラーレンF1 GTR」が日本でデビューした1996年の全日本GT選手権(JGTC)において「チーム郷」は圧倒的な強さでタイトルを獲得。その後、1997年のル・マン24時間でも「マクラーレンF1 GTRロングテール」で見事な走りを披露し、2004年には総合優勝を果たした。

再結集した「チーム郷」は、エントラント名を「マクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパン」とし、長年にわたりマクラーレンのアソシエートとして実績を築いた安川 実をはじめ、1996年のJGTCチャンピオンシップで勝利を収めたチームの元メンバーや、2004年ル・マン24時間の勝利に関わったスタッフ達によるチーム編成となる。

当時GTに参戦していたカラーリングを再現。

参戦する2台のマシンには、当時「Lark マクラーレンF1 GTR」で採用されていたアイコニックなネオンピンクとグラファイトのカラーリングを採用。スーパーGTのライバーラインアップは、ル・マン24時間レース優勝ドライバーの荒聖治と、弱冠21歳のスペイン出身のアレックス・パロウ(Alex Palou)のふたり。スーパー耐久は、アレックス・パロウに加え、阪口晴南(セナ)と木下隆之がステアリングを握る。

マクラーレン・オートモーティブ モータースポーツ・ディレクターのダン・ウォームズリーは、チーム郷との新たなコラバレーションについて、以下のように語った。

「郷和道氏が率いる『マクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパン』が、2019年に720S GT3でのレース参戦が決まったことを光栄に思います。スーパーGTシリーズ、スーパー耐久シリーズ、そしてIGTC鈴鹿10時間の各レースでマシンを走らせることになるこのチームは、既に豊富な経験を培い、GTレーシングの世界で輝かしい実績を築いてきました」

「レースで勝利を収め、両選手権でタイトルを獲得するために必要なことを彼らは熟知してます。私たちは、成功を信じて疑いません。これに加え、マクラーレンは日本国内で高い人気を誇っており、アイコニックなカラーリングを採用した720S GT3は大きな注目を集めるでしょう」

マクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパンのチーム代表を務める郷和道は、次のように喜びを語った。

「20年以上前、輝かしい成功を共におさめたマクラーレンと再びタッグを組めることは大きな喜びです。私たちが目にした720S GT3のパフォーマンスは既に素晴らしくポジティブで、今シーズン再び勝利の火花を散らすことができると期待しています。この新たな章への挑戦と、再びマクラーレンと共に成功を収めることを楽しみにしています」

マクラーレン720S GT3は集中テストプログラムの最終段階に入っており、欧州と中東地域における走行距離は累計数千kmまで達している。数週間以内にカスタマーチームへの最初の納車が行われる予定だ。今回のマクラーレン・カスタマー・レーシング・ジャパンは、720S GT3を使用する3番目のカスタマーチームとなる。