NDロードスターを買おうと思っている人はちょっと待ってください! お得なチューンドコンプリートという選択肢

NDロードスターを買おうと思っている人はちょっと待ってください! お得なチューンドコンプリートという選択肢

存在感溢れる2つのアプローチ!コンプリートカー販売にも注目!

「買ってからイジる」ではなく「イジったクルマを買う」という選択

マツダのデザインコンセプトを色濃く表現しているNDロードスター。その躍動感あふれるシルエットはライトウエイトオープンスポーツという孤高のポジションと共に、多くのファンを獲得している。

そんなロードスターの洗練されたフォルムを、より個性的かつスタイリッシュに作り変えてくれるのがクールレーシングのエアロメイクなのである。

ND5-GT

デビュー直後にいち早く手がけられたND5-GTは、バンパータイプだからこそ可能な大幅なイメージチェンジが特徴。立体感をきわ立たせながら、奥行きを持たせたエアロデザインはコアなカスタムファンを中心に大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。

さらに翌年にデビューしたのがND5-SS。純正のフォルムを活かしつつリップタイプのディフューザーをプラスすることでスポーティムードを高めるこのアイテムもまた、魂動デザインを遵守するオーナーの多くに受け入れられているのはご存知の通りだ。

ND5-SS

ちなみに、レギュラーグレード(RG)でも通常より1.5倍の強度を実現しているが、さらに追加で新開発のクロスマットを組み合わせ、従来比2倍の強度を持たせたハイグレードバージョン(HG)も選択可能なのも見どころ。これらのボディキットはパーツとしてデリバリーされるのはもちろん、まだNDロードスターを手にしていないオーナーにはコンプリート車としての販売も行われているのにも注目したいところだ。

これは新車購入と同時にカスタムまでをワンプライスで完了する画期的プランで、例えば最新のND5-SSを車両と単品購入すると、取り付け工賃などを含めると400万円を超えるコストがかかる。しかし自社ブランドのパーツを組み合わせるため、値引きは驚異の60万円オーバー。リーズナブルに理想の1台が手に入るだけでなく、ローンも一括で組めるため、金利手数料の節約にもつながるというお得なプラン。

すでにオーナーはボディパーツでチューニングを進めるもよし。これから購入を考えている人は、コンプリートカーでいきなり理想の形を手に入れるもよし。あらゆるオーナーのニーズに対応できる柔軟性もまた、クールレーシングの人気が高まる理由でもあるのだ。

取材協力:クールレーシング


ND5-SS

Kuhl Racing ND5-SSコンプリート 339万円

ベース車:NDロードスターS SPパッケージ)

装着パーツ:Kuhl Racing ND5-SSエアロ3点セット/スワンネックGTウイング(FRP)/スラッシュ2テールマフラー/レッドステッチフロアマット/ブリッツZZ-R車高調+アライメント調整/ワーク イクサ05C(18インチ)/純正ナビゲーション

※グラインダーボンネット、サイドデカール別途費用

比較的多くのユーザーが手軽に選択できるように、純正バンパー対応のディフューザー(RG:4万9000円/HG:6万9000円)を採用したSS。シンプルな組み合わせとしながらも、スポーティなムードはバンパータイプのGTにも引けを取らない。

GTと共通アイテムとなるサイドステップ(RG:5万9000円/HG:8万9000円)は、内巻きデザインを基本にサイドダクトとフラットボトムをプラス。スポーティ感を強調するとともに前後のディフューザーとのマッチングもまるで専用デザインのよう。

リヤセクションも純正バンパーとのマッチングを前提に、吊り下げ式のフローティングディフューザーをラインアップ(RG:5万9000円/HG:7万9000)。マウント方法にまでこだわったレーシングスタイルは、ロードスターのスポーティムードを強調してくれる。

GTと共通となるローマウントGTウイングは、デザイン性と空力を向上させる機能性を両立。ビレット製で高強度かつ軽量な仕上がりを持つ専用設計のローマウントステーは、ブラッククロームで質感を高める。

100φの大口径タイプのデュアルマフラーはSS専用アイテム。ヒートブルーのアクセントと左右に刻まれたKuhl Racingのレーザー刻印は、ディテールにこだわりたいオーナーも満足度の高い仕上がり。

コンプリート販売で標準装着されるワーク・イクサ05Cをセット。足下はND5RCにマッチするよう、サイズバリエーションを増強した18インチで、リムを持たせたデザインがスタイリングを引き締める。

ショーカーやカスタマイズも受け付けているクールレーシングだけに、ボンネットにはカスタムペイントのグランダータトゥーが施されている。ペイントは世界的にも注目を浴びるROHANが担当している。


ND5-GT

Kuhl Racing フルエアロコンプリート 359万円

(ベース車:NDロードスターS SPパッケージ)

装着パーツ:Kuhl Racingエアロ5点セット/スワンネックGTウイング(FRP)/スラッシュ2テールマフラー/レッドステッチフロアマット/ブリッツZZ-R車高調+アライメント調整/ワーク イクサ05C(18インチ)/純正ナビゲーション

クールらしい逆スピンドルグリルに加え、両サイドに空洞を設けることで個性的なフォルムを作り上げている。別体パーツのディフューザーは最低地上高を考慮して、強度を保ちながらも薄型デザイン。底面も200㎜以上延長されているため、フラットボトムによる整流効果も期待大。バンパー:7万9000円(RG)/9万9000円(HG)/ディフューザー:3万5000円(RG)/4万9000円(HG)

ローマウントのスワンネックGTウイング(9万5000円〜)はSSと共通パーツ。トランクからフェンダーのラインに合わせて造形されるウイングは、スポーティな印象が強いバンパーデザインに負けることなく存在感を強調するポイント。

ノーマルのノッペリとしたリヤバンパー(RG:6万9000円/HG:8万9000円)は、パラシュート現象を防ぐダクトを設けつつ、吊り下げ式のディフューザー(RG:4万5000円/HG:5万9000円)をプラスすることで、機能美溢れるフォルムに変身。バックランプはセンターのダクトに配置する薄型LEDをオプション(1万円)としてラインアップ。マフラーはKuhlスラッシュ2テール(12万円)だ。

クールレーシングではカスタムヘッドライトの受注も行っている。LEDやレーザー加工など最新の技術を駆使して作り上げるワンオフヘッドライトは、目力アップのカスタマイズを狙うファンには必見のメニューといえるだろう。