F1王者メルセデス、2019年型ニューマシン『W10』を非公開でシェイクダウンへ

 2018年のF1チャンピオン、メルセデスチームが2019年型ニューマシンW10の発表日を明らかにした。

 メルセデスは『F1 W10 EQ Power+』のシェイクダウンテストを2月13日にシルバーストンで行うことを発表した。同チームは、当日、年間2回許されているPRイベントとして、100km以下の距離をデモ走行用タイヤを使用して新車を走らせる。ローンチイベントを開催した2018年とは異なり、今回、このシェイクダウンは非公開で行われるが、新車の写真は公開される見込みだ。

 メルセデスは2014年から2018年まで5年連続でコンストラクターズおよびドライバーズタイトルを獲得。2019年にはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスのドライバーラインアップを維持し、6連覇を狙う。

 現時点で2019年の新車・体制発表日、あるいはシェイクダウンデーを正式に明らかにしているのは、以下の7チーム。スペイン・バルセロナでのプレシーズンテストは2月18日にスタートする。

■2019年F1新車・体制発表日

2月11日 トロロッソ・ホンダ(オンライン)
2月12日 ルノー(イギリス・エンストン)
2月13日 メルセデス(イギリス・シルバーストン)※シェイクダウン
2月13日 レーシング・ポイント(カナダ・トロント)
2月14日 マクラーレン(イギリス・ウォーキング)
2月15日 フェラーリ(イタリア・マラネロ)
2月18日 ザウバー(スペイン・バルセロナ)

■2019年F1プレシーズンテスト日程

2月18日~21日 テスト1(スペイン・バルセロナ)
2月26日~3月1日 テスト2(スペイン・バルセロナ)