CARGUY Racing、2019年のスーパーGT参戦を断念。ル・マン24時間挑戦を目指す

 2018年からホンダNSX GT3でスーパーGT GT300クラスに参戦を開始したCARGUY Racingは1月31日、2019年のスーパーGT参戦を断念し、エントラント協会を退会したと公式Facebookページで発表した。

 CARGUY Racingは、主宰する木村武史が“自動車冒険隊隊長”として、さまざまなスーパーカーをはじめ、クルマを使った楽しみを展開してきたプロジェクト、CARGUYのレーシングチーム。ランボルギーニ・スーパートロフェオやスーパー耐久等で活躍してきた後、2018年からホンダNSX GT3を購入し、スーパーGTに挑戦した。

 ただ、並行してフェラーリ488 GT3を投入し2018/19シーズンから参戦を開始したアジアン・ル・マン・シリーズでは、ジェームス・カラドとケイ・コッツォリーノ、そしてプロジェクトを主宰する木村のトリオで3連勝。シリーズのチャンピオンに与えられるル・マン24時間の出場権をあと1ポイントで手中に収めるところまできた。

 ビジネスマンとして多忙な日々を過ごすかたわら、自身の夢でもあるル・マン24時間挑戦のチャンスをつかみかけている木村にとっては、悩ましい選択を迫られていた。CARGUY Racingはル・マン挑戦を自社で行おうと考えており、もし実現すれば5〜6月のスタッフはスーパーGTとル・マンの準備で忙殺される。何より会社経営者である木村は、そこまでサーキットで時間を過ごすわけにもいかなくなる。

 この悩みを木村はチームの公式Facebookページでたびたび記していたが、エントリー締切となる1月31日、「スーパーGTへの全戦参戦が不可能と判断した結果です」とし、今季のエントリーを断念したと明かした。

 すでにGTアソシエイションやGTエントラント協会、ホンダやヨコハマ、スポンサーには説明を行い理解を得たという。またホンダにはNSX GT3のエボリューションキットも発注していたが、これも今季参戦が実現しないことにより、断念されることになった。

 ただ木村としては、今季のスケジュールのなかでの苦渋の決断となったスーパーGTについては、「スーパーGTは日本が世界に誇れる素晴らしいレースコンテンツですし、そのレベルも世界トップクラスです。そんな素晴らしいレースシリーズに一年間参戦させていただき、大変ありがたく、深く感謝申し上げます」と述べている。

 さらに木村は「僕はスーパーGTが大好きなので、チャンスと機会とタイミングがあれば、またスーパーGTへ挑戦したいと考えております。また、その際は自分は走れなくてもGT500参戦も視野に入れます。そして、引き続き僕はGT300に挑戦するようなプロジェクトを組み立てます」と野心的なコメントを残した。

 残念ながら2018年にその鮮烈なイエローのカラーリングで話題を呼んだCARGUY RacingのNSX GT3は、2019年にスーパーGTで見ることはできなくなってしまったが、木村の夢でもあるル・マン24時間挑戦を応援したいところ。

「スーパーGTがなくなったいま、すべての照準を2月24日のアジアン・ル・マンに絞り、必ずル・マン本選へ出場して、日本チームとしてクラス優勝を本気で狙いにいきます!」と木村は力強く綴った。

 一方、2018年に木村とコンビを組んでいた横溝直輝は、ZOZOTOWNの前澤友作社長が立ち上げたスーパーカープロジェクト『前澤友作 スーパーカープロジェクト』のプロジェクトメンバーに名を連ねたことが1月27日にTwitterで明かされている。横溝によればこちらも意欲的なプロジェクトとのことだ。

https://platform.twitter.com/widgets.js

GTクラスで開幕2連勝を達成したカーガイ・レーシング
アジアン・ル・マン・シリーズのGTクラスで開幕2連勝を達成したカーガイ・レーシング
木村武史がドライブするCARGUY ADA NSX GT3