STCC:史上初の女性ウイナーがPWRと契約延長。新たな女性ドライバーも参戦

 STCCスカンジナビアン・ツーリングカー選手権に参戦し、2018年にはSTCC史上初の女性勝者となったミカエラ-アーリン・コチュリンスキーが、PWRレーシング・セアト・ディーラーチームとの契約延長を発表。2019年もセアト・クプラTCRで3年目のTCR規定シリーズを戦うことが決まった。

 昨季は2017年王者ロバート・ダールグレンをエースに、チーム代表のダニエル・ハグロフ、ルーキーのフィリップ・モーリン、そしてコチュリンスキーの4台体制を敷いたPWRレーシングは、“エキゾースト・ゲート”と呼ばれた違法排気管使用問題で嫌疑が掛けられるなどの難局も乗り越え、シーズンを通じて所属ドライバー全員が勝利を挙げる活躍を演じてきた。

 そのカールスクーガで発生した騒動の最中で表彰台の頂上を経験したコチュリンスキーは、STCCの歴史に史上初の女性ウイナーとして名を刻むとともに、ドライバーズランキング10位で2年目のTCR規定カテゴリーのシーズンを終えていた。

「またこうして3年目のシーズンを戦えることにとても興奮している。あの初勝利とチームの雰囲気が、私のレーシングスピリットにまた新たな火を灯してくれたと感じているの。PWR、クプラ・レーシング、そしてパートナーからの信頼をとても光栄に思う」とコチュリンスキー。

「ADAC GTアカデミーやその他のカテゴリー時代も含め、昨季は私のキャリアの中でベストシーズンのひとつだったと言っていいわ。彼らのEVツーリングカー開発プロジェクトにも全力を注ぐつもりだし、STCCの新たなシーズンも心から楽しみにしている」

 2014年のエマ・キミライネンを皮切りに、PWRレーシングは毎シーズン積極的に女性ドライバーの起用を続けてきた。代表のハグロフと共同創業者のピーター”ポーカー”ウォーレンバーグによれば、それはチームにとって欠かせない要素なのだという。

「まずは、ミカエラが我々とともに2019年のSTCCシーズンを戦ってくれることを、とても光栄に思う」と続けたハグロフ。

2017年にPWCジュニアチームでアウディRS3 LMSをドライブしてSTCCデビューを果たし、2019年で3シーズン目を迎える
2019年も引き続き、STCC自身初勝利を飾ったセアト・クプラTCRをドライブする
STCCデビュー以前は、ドイツ国内のADAC GTマスターズでアウディR8 LMSなどをドライブしてきた

「彼女は今や、トラック内外でこのチームのキーパーソンのひとりだ。しかし何よりも、彼女の存在はドライバーやメカニック、エンジニアたちだけでなく、若い女性たちに興味を持ってもらいたいと願う我々の思い、そしてスウェーデンのモータースポーツ界にとっても非常に重要な存在となっているんだ」

 これでPWRレーシングは元王者ダールグレンの残留とコチュリンスキーの継続をアナウンスしたことになり、近日中にも残る数台のシートに座るドライバーを発表するとしている。

■アルファロメオでSTCC参戦予定のインサイト・レーシングも女性ドライバーを起用か

 また今季からアルファロメオ・ジュリエッタTCRでSTCCへの参入を目指しているインサイト・レーシングが、デンマーク出身の女性ドライバーであるルイーズ・フロストを起用する計画であることも明らかになった。

 2012年にデンマークで創設された同チームは、国内のツーリングカー選手権などを中心に活動。近年はTCRの耐久シリーズにも進出し、FK2ホンダ・シビック・タイプRなどを走らせてきた。

 そのインサイト・レーシングはSTCCへのステップアップに向け、新たにアルファロメオ・ジュリエッタTCRをチョイスし、3月11~15日にイタリア・ロンバルディア州にある伝説のドライバー名を冠したトラック、タツィオ・ヌボラーリ・サーキットで最初のテストを実施する予定となっている。

 フロストは2017年にデンマークの”シトロエンDS3カップ”でレースデビューし、初年度に優勝を含むランキング6位を記録。昨季は国内の耐久選手権やスーパーツーリズモ・シリーズなどに参戦してきたが、このアルファロメオが初のTCR規定マシンになる予定だ。

PWRのメンバーとして、チームによる独自プロジェクトのEVツーリングカー、PWR001の開発ドライバーも務めている
「彼女は今や、トラック内外でこのチームのキーパーソンのひとりだ」とチーム代表のダニエル・ハグロフ
STCCデビューが決まったルイーズ・フロストは、スーパーツーリズモ・シリーズなどでメルセデスCクラスのシルエットツーリングカーなどをドライブしてきた