新型『アウディRS4アバント』上陸。450PSの2.9リッターV6ツインターボ搭載

 超高性能ワゴンの代名詞的存在として歴代モデルも絶大な人気を博し、アウディスポーツが開発を手がけたA4シリーズのトップモデルでもある『アウディRS4 Avant(アバント)』が、2013年以来6年ぶりのフルモデルチェンジを果たして上陸。最高出力450PS、最大トルク600Nmを発揮する新開発の2.9リッターV6直噴ツインターボを搭載し、1月28日より発売が開始されている。

 アウディのDセグメントを担う屋台骨とも言える『A4』シリーズの頂点に君臨し、ステーションワゴンモデルのAvant(アバント)をベースに、スポーティネスとラグジュアリー性を極めて高いレベルで両立した同モデルは、『アウディR8』や『アウディRS6』など、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるアウディスポーツGmbHが手がけたトップパフォーマンスモデルとなっている。

 パワートレインは最高出力450PS、最大トルク600Nmを発揮する新開発の2.9リッターV6直噴ツインターボエンジンを搭載。従来型の4.2リッター自然吸気V8DOHCに比べて最高出力は同等ながらも、最大トルクでは170Nmもの増強を果たしている。

 そのエンジンに組み合わされる高効率の8速ティプトロニックトランスミッションとquattroフルタイム4WDシステムは、さらにリヤアクスルに左右の駆動力配分を最適化するスポーツディファレンシャルを装備することにより、大パワーを確実に路面に伝達。優れた高速安定性と操縦安定性を実現した。

 その成果として、0-100km/h加速はわずか4.1秒。その一方で、アウディ独自のエンジン燃焼方式であるBサイクルを採用したことで、JC08モード燃費で11.2km/リッターと、従来型よりも大幅な省燃費化も達成している。

 その性能を訴えかけるエクステリアは、これまでの定石どおりアウディ流儀のスマートな仕立てに終始。またこの新型では、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせたAudi 90 quattro IMSA GTOからインスピレーションを得たデザインを採用した。

エクステリアは、かつて北米のモータースポーツシーンを賑わせたAudi 90 quattro IMSA GTOからインスピレーションを得たデザインを採用した
最高出力450PS、最大トルク600Nmを発揮する新開発の2.9リッターV6直噴ツインターボエンジンを搭載
歴代モデルも、A4シリーズを代表する高性能バージョンとして絶大な支持を集めてきた

 RSモデル専用のシングルフレームグリルや大型のエアインレット、さらに専用の前後バンパー、リヤディフューザーを採用することでスポーティさを強調するとともに、標準モデルに比べて全幅を25mmも拡大した象徴的なブリスターフェンダーも備えている。

 一方のインテリアは現行A4シリーズ同様に水平基調のデザインとなり、ファインナッパレザーのSスポーツシートをはじめ、フラットボトムのRS革巻きマルチファンクションスポーツステアリングホイール、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを装備。

 メーターパネルには12.3インチのTFT(液晶)ディスプレイにスピードメーターやタコメーターだけでなく、ナビゲーションシステムをはじめGフォース、トルク値などの情報も表示できるアウディバーチャルコックピットが標準に。Audi connectはインターネットと常時接続することでニュース、天気予報、駐車場検索、空港のフライトインフォメーション、ガソリンスタンドを距離順や価格順に表示する等の情報提供が行われる。

 また24時間365日、専任オペレーターを介して施設検索や予約手配が可能なコンシェルジュサービスであるAudi connect Navigatorも利用可能なほか、アウディプレセンスシティ(歩行者検知機能付自動ブレーキ)をはじめとする数々の最新安全技術とアシスタンスシステムも搭載されるなど、フラッグシップモデルに相応しいプレステージ性も備えている。

 歴代モデルと同様、シリーズ最強のパフォーマンスを誇る5代目『アウディRS4 Avant(アバント)』は、左右ハンドル仕様が用意され、価格は1196万円となっている。

フラットボトムのRS革巻きマルチファンクション スポーツステアリングホイール、RS専用のシフトゲート、イルミネーション付きドアシルトリムなどを装備
現行A4シリーズ同様に水平基調となるインテリア。シートにはファインナッパレザーのSスポーツシートを採用
ナビをはじめ、Gフォース、トルク値などの情報も表示できるアウディバーチャルコックピットを標準装備

Audiコミュニケーションセンター・フリーダイヤル:0120-598106