元F1王者ロズベルグ、2019年は「ボッタスがハミルトンを手こずらせる可能性もある」と予想

 ニコ・ロズベルグは、バルテリ・ボッタスが2019年に良いスタートを切り、運を味方にすることができれば、チームメイトのルイス・ハミルトンを大いに手こずらせることができるだろうと考えている。

 ボッタスは2018年のスタート時にはタイトル獲得の有力候補と見られていたが、不運と度重なるパフォーマンスの不調によって次第に不振に陥り、最終的に勝つことなくシーズンを終えることになった。

 1年のスタートを力強く切ることは、ボッタスがメルセデスでのシーズンを強力なものにするために大いに役立つ。またリザーブドライバーのエステバン・オコンが彼のシートを狙っている現状では、シートを維持するためにもそうすることが絶対に必要だ。

「バルテリには、ここのところ彼が見せている結果以上の能力がある」と2016年の世界チャンピオンであるロズベルグはSky Sports Newsに語った。

「新シーズンが始まり、彼はさらに強力なポジションにつけるための良いチャンスに恵まれるだろう。ルイスを大いに悩ませることさえできるかもしれない。僕はそれが可能だと思う。いつだって、シーズンのスタートをどんなかたちで切るかにかかっているんだ」

「去年の彼は多くの不運に見舞われた。もし運が彼に味方をして良いスタートを切ることができたら、まったく違う状況になるだろう」

 シーズンを前に自身の見解を話すなかで、メルセデスとハミルトンが失態を演じることはないとロズベルグは予想しているが、彼らの直接のライバルとなるであろうマックス・フェルスタッペンが、手ごわいコンビと互角以上の戦いをすることを期待している。

「素晴らしい戦いになっているが、必ずしも変革が必要なわけではない。先頭集団でのバトルに変化が起きるタイミングなんだろう。最高のチームが勝つだけだよ」とロズベルグは語った。

「最近ではメルセデスがベストだった。僕らは最後の最後まで戦いが見たい。本当のバトルが見たいんだ」

「とてもクールな戦いになると思うよ」とロズベルグは語り、大胆不敵なフェルスタッペンを交えた三つどもえの戦いになる可能性をほのめかした。

「今年はそうなることを期待している。可能性は高いよ。なぜならレギュレーションがマシン面を大きく変えたからだ。誰もがゼロからスタートしなければならないんだ」