ホンダCBR400Rがよりスポーティなスタイリングにモデルチェンジ。400Xも同時発売

 ホンダは1月29日、ミドルクラスのロードスポーツモデル、CBR400Rをモデルチェンジして発売することを発表した。また、クロスオーバーモデルの400Xも外観を一新して各部の熟成を図り同時発売。両モデルは3月22日より販売される。

 400ccのフルカウルスポーツ、ホンダCBR400Rは、水冷4ストロークDOHC直列2気筒エンジンを搭載。今回発売されるモデルは、スタイリングを一新するとともに、パワーユニットを含めた各部の見直しが図られた。

 パワーユニットとしては、バルブタイミングとリフト量、インジェクターの最適化が図られ、低中回転のトルクが向上。これにより、力強い加速と心地よい吹け上がりが実現されているとのことだ。マフラーは構造を変更し、テールパイプが2本に増加したほか、アシストスリッパークラッチが新たに採用されている。

 足回りには分離加圧式のリヤサスペンションを採用。スタイリングとしては、これまでトップブリッジ上部に配置されていたセパレートハンドルが、トップブリッジ下部に配置となった。従来モデルよりも、さらにスポーティなライディングポジションをとることになりそうだ。

 また、ガソリンタンクの容量が1リットル増量。電装部分としては、ウインカーが新たにLEDとなったほか、新設計のLCDメーターが採用されている。

 カラーリングはグランプリレッド、マットアクシスグレーメタリック、パールグレアホワイトの3色をラインアップ。メーカー希望小売価格は79万3800円(消費税込み)となっている。

CBR400R(グランプリレッド)
CBR400R(グランプリレッド)
CBR400R(マットアクシスグレーメタリック)
CBR400R(マットアクシスグレーメタリック)
CBR400R(パールグレアホワイト)
CBR400R(パールグレアホワイト)

 同日に発売される400Xは、いわゆるアドベンチャーモデルにもカテゴライズされる400ccバイク。今回新しくなった部分で注目なのは、タイヤの大径化だろう。従来モデルの17インチから、19インチへと変更されている。加えてウインドスクリーンの高さが従来モデルよりも20mm延長されており、高速巡行などにおける快適性が高められた。

 パワーユニットは吸排気系の見直しが図られており、アシストスリッパークラッチを新たに搭載。LEDのウインカーや、新設計のLCDメーターが新採用されている点は、ロードスポーツモデルのCBR400Rと同様だ。

 カラーリングは2色で、マットバリスティックブラックメタリックとグランプリレッド。メーカー希望小売価格は、消費税込みで81万1080円となっている。

400X(マットバリスティックブラックメタリック)
400X(マットバリスティックブラックメタリック)
400X(グランプリレッド)
400X(グランプリレッド)